日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




岩上安身氏 × 鈴木邦男氏 : 公安警察と右翼標榜団体(在特会)と読売が一緒に動いて脱原発デモのイメージダウン謀った!

Category: 社会問題   Tags: 岩上安身  鈴木邦男  在特会  9.11デモ  新宿デモ  逮捕者  
岩上安身氏が一水会・最高顧問である鈴木邦男氏にインタビューした模様がユーストに流れたが、オンタイムでは見られる、アーカイブで見ることができた。

このインタビューというか、ほんと対談になっていて、一番興味深かったのは、岩上氏の日米関係について、自主独立の考え方には、完全に同意できる内容で、久しぶりに自分の中の保守の血が騒いだが、大変に長い対談なので、これは次回に持ち越すことにする。

今日は、この中で先日のエントリーを、たぶん岩上氏が読んでくださり、このインタビューにつながった様なので、その部分を中心として、完全なる書き起こしだはないが要約+書き起こしで掲載させていただく。

それがわかった岩上氏のツイート

@iwakamiyasumi
一水会の会報紙「レコンキスタ」が送られてきた。鈴木さんに話を聞かなきゃ。一昨日のデモでの逮捕騒動理解のため、参考になる話が以下に。 RT @arths2009: お行儀が悪いネトウヨの代表格「在特会」は公安と一体だった by 鈴木邦男 http://bit.ly/bLYgKT 9月13日≫



参照

■本ブログ2011/09/13 エントリー≪週刊金曜日で鈴木邦男氏が証言した「在特会と公安警察は一体」というのがよくわかった、9.11新宿デモ逮捕劇!

鈴木氏が週刊金曜日に書いていた自身の経験と、9.11の伊勢丹前のフランス人男性の逮捕劇で、かなり共通点があり、いかに在特会と公安が一体であるのかを書いた。


110921 鈴木邦男氏インタビュー動画




*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


本日のメインは「38:35」からの9.11新宿デモで、12人の逮捕者を出したというところからだが、その前にそれまでの要約を書いておく。

・・・

鈴木邦男氏(以下敬称略)
今考えると幼稚だけど、デモに行くと機動隊と乱闘したり、整然とやっていたらダメだと昔は思っていて、その頃はデモで捕まることが勲章だった。

・・・

岩上安身氏
デモに参加している人、これは私、毎回毎回のように出来る限り足を運んで現場に行って見てるんではっきりわかるんですが、ほんとに素人といったらあれですけど、政治色ゼロの人が圧倒的中心なんですよ。
というのは611の時も、これは3ヶ月目ですね、それから今回911、919にかけて、これは一週間にまたがって全国で行われました。
どれもそうなんですけれども、主催者も、「元々オールド左翼のヤツラがやってんだろう」と、これは右の人たちがそういうふうに色眼鏡で見るのは、これは当然だと思いますが、ぼくらは取材で実際に現場にいくと、本当に311が起こって初めてこういうことやってみましたと。
つまり、それまでに何か政治は勿論のこと、街頭に出て行動するとか、市民運動とか一般的な市民運動ですよ、消費者運動も含めて、そうした経験すらない人たちが初めて旗を揚げて。

で、何でそういう人たちに呼びかけることができたかっていうとネットなんですね。
圧倒的にネットやツイッターで呼びかけてみたら、何人も人が集まってきた。

今までだったならば、アナログに人間を動員できる力を持ってなければいけなかったから、実際に日ごろから集会を重ね、自分達で仲間を抱え込み、オルグしてとやってなきゃいけないわけですよ。
ところがそんな経験ゼロの男の子、女の子がネットで呼びかけ自分達の仲間を募ったら100人、200人集まったっていうような人たちなんですよ。
これは僕も軽くショックだったですね。

「何かしら一度経験はあるんでしょ?」って聞いたら、「一度大きなことをやったことがある」っていうから聞くと、「ロックのフェスティバルをやったことがある」という人たちだったりする。

クラッとしましたね。

これを右から見て「あいつらサヨクだ」とかいう人たちがいる。ほんとあれ一般の人たちだよと。
そういうのがコアになってやってきたんですね。

今回の919は原水禁がすごく頑張って全国のありとあらゆるところに声をかけて、長い老舗だから、バスで地方から人を集めてきたりして、大変大きな人数にはなったんですけれど、それでも一般の人たちがずいぶん多かった。

鈴木さんが参加してた渋谷のデモなんてほとんど普通の人たちなんですよ。
主催者となると、あまりにも背景の無さに拍子抜けしてしまうくらいな人なんですけれども。


鈴木
でもね、中には何万人の中に3人とか4人くらい元学生運動をやったとかという人がいるでしょう。

そういうのを公安が手堅く見つけるわけですよ。ほら見ろ、中核派の奴がいる、中核派が後ろで糸を引いている。
と、そんなことを言うんなら僕もいるんだから、右翼が全部やっているのか、そんなこと無いじゃないですか。

だから、そういうのを上にあげるでしょ、それで知らない自民党の代議士が公安情報を受けて、「あれは市民運動を装っているけれど、本当は新左翼で、何々派と○○派が合体してやっているんだ」とか。
そんなのはちょっと考えればわかるはずなのに、そしたらみんなが、だからあんな反対運動をやっているんだと信じ込ませるじゃないですか。それはやはり卑劣だなあと。

だから、公安も生き残りをかけてやっているところがありますね。
高円寺のデモの解散でちょっと止まってたら、装甲車の上で昔の人が怒鳴ってるんですよ。

「これ以上止まっていると逮捕します。」

昔のことをやってみたいのか、それとも若い警察官が逮捕したことがないので経験させたいのか、なんかちょっと嫌なことを感じましたね。


岩上
昔のパラダイムがあった。昔のパラダイムいうのは右翼でも左翼でも血気盛んで機動隊と衝突することもやるもんだと決めてて、先ほど仰ってたように、もう逮捕されてナンボっていう感じで。
それはもう、左翼もそういう気持ちもあったでしょうし、右翼もそ同じようだったと。
だから、突っかかっても行くし、向こうも本気で飛び掛ったらいくし。

今、もうそんな気は更々無い、女性やお母さんやお年寄りも沢山いる平和的な組織化されてないデモなんだけど、いかにも組織を相手にするかのような態度で望んでくる。

この矛盾ってものすごいですよね。馬鹿げているといいますかね。

・・・

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


(38:35より)


岩上
9月11日のデモで12人が逮捕されてるんですよ。

機動隊の顔面を殴ったとまことしやかに読売が書くわけです。
それは誰なんだ、それを確認したのか、今の時代ですからありとあらゆる人たちがスマホなんかで動画を撮れるんですよ。
それがユーチューブに沢山上がってます。どっか、そういうものが目撃され確認されたものがあるのか。あるいは、もしかしたら後日、それが確認されるかもしれないけど、その時点で読売は確認してそういうこと書いているのかと。
もうねえ、ちょっと理解できないんですよ、そういう書き方は。

少なくとも、一定の留保とか、きちんと裏を取って書くとか、警察の言い分そのままに、そういうことがあったと、暴徒化したみたいな書き方でいいのかって。やっぱり、メディアの姿勢が問われるわけです。


なにかセットだったような気がするんですね、公安警察と言いますか、警備警察。それと挑発をする、右翼標榜団体。
それから読売のようなメディア、というのが一連、一緒に動いて
、現実のデモに参加してない人、見てない人、あるいはユーチューブや我々のようなメディアを見ない人。そうすると、あのデモが基本的には平和的なものだというものを理解しない人にとっては、刷り込み効果があるわけですよね。


参照

脱原発デモで12人逮捕、機動隊員暴行などで
(読売新聞2011年9月12日00時20分)
≪東京・新宿で11日に行われた「脱原発」を訴えるデモで、警備中の機動隊員に暴行を加えるなどしたとして、警視庁は同日、デモの参加者の男11人を公務執行妨害の疑いで、デモを主催した団体のメンバー、二木信容疑者(30)を都公安条例違反の疑いでそれぞれ現行犯逮捕した。
 発表によると、男らは11日午後、東京都新宿区の路上で、警備中の機動隊員らの顔を殴るなどした疑い。二木容疑者は規定に反し、車道で行進していたデモの隊列を歩道にまで広げた疑い。≫




鈴木
そうですね、それとね、たぶん裁判に訴えて警察のほうは負けると思いますけれども、とにかく今やっておけば、それによって平和的なデモだって言っているけど、でも怖い。巻き込まれるかもしれない。出るのやめようと、そういうふうにもっていくのが怖いですね。


岩上
そうですね、だからトラブルがあったというだけで、ケンカを売ってくるような団体があって、それに対してぶつかり合ったと、逮捕も出たと、多くの人は、普通の人はそれだけで引いちゃいますよ。まあ、わざわざ好んでケンカしたいわけじゃないですからね。


鈴木
だからネットもいっぱい撮ってるんだから、裁判でキチンとやったほうがいいんじゃないでしょうかね。


岩上
そうですね。ちょっとその映像を見てもらいながら、解説していただきたいと思うんですけども、
ぼくら、その右翼にいろいろな団体があり、いろいろな考え方があり、というのが正直わかってないんです。

(映像)

これですね、伊勢丹前にデモが行ったところなんですね。
それで、白い服を着ているのはフランクさんという実はフランス人で、これが日本人の奥さんなんですよ、防護服の格好を余計にちょっとね。


鈴木
目立つね。(笑い)

2011-9-25.jpg
(映像見ながら)


岩上
「犯罪者出てけ」って言ってますね。
この挑発に彼は怒って抗議しようとしたんですね。

まあ、あの大きな声を出してる人たちが、在特会なんだろうと思うんですけれども、鈴木さんも彼等に罵声を浴びせられると聞いてちょっと驚くんですが、どういうことなんですか。


鈴木
そうですね、ぼくはロフトでもやりあったことがあったし、それからあとザ・コーブという映画があって、あの時、在特会じゃあないけど、似たような、そういう右派的なグループが、この映画を中止させなくちゃならないというんで、映画館の真ん前で30人くらいで、わあーとやってるんですね。
それは営業妨害だし、見せたらいいだろうと、その上で討論したらいいだろうと、そしたら警察官も守ってるんですよ。


岩上
警察官も守っている?


鈴木
だから、だぶん、こう事前にね。


岩上
示し合わせてるんですか?


鈴木
それで40分とか何分かやらせる、ということなんでしょうね。
それで認められてるんだったら、じゃあ俺と一対一で討論しようとしたら、こっちだけが警察官に排除されるわけですよ。


岩上
じゃあ、今回のケースと非常に似てますね。


鈴木
こっちは、まあ、一切手をださないようにして、マスコミもいっぱいいるから討論しようとするとダメなんですよ。
もし、それが黒い街宣車が映画館の前に来て、わあわあやったら一発で逮捕ですよ。
これは市民運動だからいいんだと。また、警察としてもこの程度なら、酷い映画だから妨害してもいいだろう、くらいのね胸の内があると思うんですよ。


岩上
判断があるんですね。

鈴木
それがね、はっきりしないわけですよ。
だったら、右翼だって左翼だって、みんなやっていいはずなのにそれは認められない。
彼等だけ認めていると、それで「マスコミのやつらは排除しろ」とか、鈴木が来たら「朝鮮に帰れ」とか「ウジ虫」とか言われて・・・。


岩上
また同じよう言い方ですね(先ほどの映像と)


鈴木
言葉が汚いね。


岩上
汚いですね。



鈴木
だから堂々とやとうと、ニコニコ動画でね、一回、ザ・コーブという映画を何分か流して、その上で、僕と市民運動の右派的な人たちとやろうということで、僕は了承したんですよ。
あっちが、例えば五人で僕が一人でもいいからやろうと、僕もいいですよといったら、出てこないんですよ。


岩上
出てこないんですか。


鈴木
直前になって。
そして「鈴木たちのルールでは闘えない」なんか格闘家みたいなこと言って。


岩上
リング上がってガチンコでやればいい(笑い)。


鈴木
こっちは全て向こうの数でも条件でも何でものむとどんなルールでも闘うと、それで鈴木を論破したらあなたたちも名前も上がるし、正当性もわかるからいいじゃないかと、言ったんですけどダメだったですね。
だから、自分達で闘い易いところで闘っている。


岩上
なるほど。
ちょっと(映像)調子よくない?

じゃあ、口頭で説明しますね。もしかしたら、ご覧なっておられるかもしれませんが。


*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********


白い服をきた、まあ、コスプレなんです。
それで参加してたんですけど、そこへハンドマイクもって、かなり挑発的な集団がいた。
何を言ってるのかと奥さんに聞いたら、「犯罪者は出て行け」と犯罪者って何で脱原発で犯罪者と言われなきゃいけないんだと、犯罪者は東電とか、事故起こした加害者はあっちだろうと。
そのフランスの人はそのまま正直に受け止めたわけです。
それはいくらなんでも酷いということで、デモ隊の隊列からちょっと離れて、文句を言おうと・・・。

ただ、日本語がその方はできない。その上防護マスクをしてるから、ブーくらいしか言えてないんですよ。
そこにわっと警官が来てですね。
文句を言っている挑発している集団のほうには、全然取り締まりがいかず、彼だけが抑えられて、そして検挙っていう合図をもって、わっと一斉に取り押さえられてしまう。
公務執行妨害という、突き飛ばすほどのことはしてないけれども、体を取り押さえられてるのを振り払う、そのところでザッとやられるんですね。
で、奥さんは「なんとかやめてください」と言って、もうねじ伏せられて、でマスクを剥がされて女性だとわかったので、婦人警官に両腕をつかまれて引きずられていくんです。
引きずられていく過程で、挑発していた集団の一人からお腹を蹴られた。
ところが婦人警官は暴行されたのに、そちらは見てみぬフリをして連れて行ってしまうという。

だから、なぜ警察はこれほどまでに不平等な扱いをするのか。
これが一つ、非常にわからない。
そして、どうしてデモ隊に対してこれだけ攻撃的な警備をしたのか。
これは、前段で、デモ全体で何人か逮捕者を出して、イメージを落としてしまおうと。
そして、デモそれ自体がとても剣呑で危険なものだっていうイメージ操作をしようとしているんじゃないか、まあ、推測ですけれども、そんなことが考えられる、という話でした。
あの、実際問題として、ただここにもう一つ挑発グループの存在があるわけですよ。
彼等は一体どういう集団で、なぜ警察によってそんなようにですね、今のコーブの話もそうですけれども、こう、なんていうんでしょうか、不平等に扱われるんですか?


鈴木
そういうことを説明する人がいないんですよ、公安警察というのは闇の中で蠢いていますから。
そういう人たちがこういうところに出てきて、我々が日本の秩序を守るためにやってるんだ、みたいなことを言ってくれればわかりますけども、そういうの全くないでしょ。
それで、一方のものに対しては弾圧する、もう一方のものには、なんかこう、手加減してそれで内部分裂を起こさせているみたいな。

だから右翼に対しても、こっちの右翼に対しては手加減して、こっちは徹底的に潰せと、だから、我々と付き合って情報流してくれるほうがいいんだよ、みたいな、そういうのものすごくありますよね。
右翼に対してずっとあったし、だから今回もね、いわゆる市民派右翼というかネット右翼というか、そういう人たちに対してはかなり優遇して、それでそのことによって左翼をあぶりり出すみたいな、誘いだすみたいな、そういうふうに使われてますね。

で、彼らは、我々は警察官に守ってもらってるんだと思っているかもしれないけれど、最近どこかで捕まってますよね。
だから、だんだんと彼等でもわかってきていると思いますけどね。
右翼の中でもね、確かにその反原発運動やっているのは、左翼だと思っている人たちがまだまだいます。


岩上
そこがちょっとよくわからない。


鈴木
左翼のデモの実態がよくわからないんですよ。
それから、我々も国土を汚す原発は許せない。
それは心では思っているけれども、それを行動に移してたりしたら、かえって左翼を利すると、いうふうに云う人がいるんですね。でも、利するような左翼はいるのかと。

いないんですよ。

でもね、まだまだ警察の情報を信じているかどうかわからんけど、まだまだ左翼がいっぱいいて外国から援助を受けているし、なんか、そう思っている人たちがまだまだいるんですね。


岩上
妄想ですよね


鈴木
そういう意味での思想戦争には負けてますよね、市民派団体は。


岩上
なるほど。右翼の中にいろいろな集団があることは一般の人たちは、まだよくわからないと思うんですが、で、我々もよくわかってないんですが、右翼って云った時に街宣右翼がある。ちょっとおっかない人たちがいる。
で、鈴木さんたちは元々新右翼といって、ぼくなんかが取材をさせてもらったとき、89年大葬の礼のときでした。

ずいぶん昔です。ぼくは昭和天皇がなくなられたときに皇居前に一人で取材に行ってたら、それこそ木村三浩さんたちが5.6人なんですけど座って、どうしたらいいのかなって、座ってお辞儀したりなんかしていて、「何してんですか」と声をかけたら、「いや僕ら一水会で」といって、一水会の名前は聞いていたから、それが木村三浩さんと初めてあった時でした。
平伏の、いわゆる軍服みたいなのを着るんじゃない右翼もいるんだなあと、そして、話ができる右翼もいるんだなあと、新右翼というのは会話ができる右翼で、いわゆる街宣右翼とは違うんだというふうに思ってたりしました。

そこにまた新たな、もっと新しい集団、いわゆる世代的にも違うんですね、在特会とかというような人たちは。


鈴木
左翼とね、変な話ですけどね、僕らは左翼と殴りあったこともあるし、我々の世代はそういう人たちが多いし、先輩なんかも多いわけです。
敵として殴りあったけどね、かえって人間的に魅力がある人もいたな、とわかってるんですね。
ところがね、その後の市民派の人たちは。


岩上
市民派っていうんですか?


鈴木
まあ、ネット派というか・・・。


岩上
そういう言葉って定着してるんですか?


鈴木
してない。
だけど産経新聞だと市民派って書いてました。

笑い

岩上
産経新聞によると、なんですね。わかりました。


鈴木
朝日でも市民派って書いてたよ。


岩上
ほんとですか?へえ、そういう言い方なんですね。


鈴木
わからないけど、ただ、そういう人たちは、なんか観念だけで、憎悪がどんどん膨らんで、純粋培養されてるんですよ。実際の敵と話してない、殴り合いしたということもないし、その「我々はニッポン人だ」と。一人ひとりはかなりみんな孤立した寄る辺ない人たちだと思うんですよ。
そうすると、「我々が不安なのは変な外国人が特権を持っているからだ」とか、あるいは外国からいろいろいわれても何も日本は抵抗できないと「だらしないじゃないか」「俺がニッポン人だ」と自分が巨大ロボットになったような気持ちから、それで強くなったような気がして、「北朝鮮許せない」「韓国出て行け」「朝鮮出てけ」というふうになっちゃって、なんか、こう普段はおとなしい人たちだけど、それが集団になると暴走すると。


まあ、それは右翼でも左翼でも集団になると暴走するんですよ。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


岩上
まあ、そうですよね。ありとあらゆる集団は、集団化して、ちょっと強気に出られると居丈高になると。


鈴木
そうですね、集団の中のすばらしさと同時に怖さも知ってますよね。
そういうのを知らないで「これが正義だ」と思っちゃっている部分が大きいですよね。
だから、そういう人たちは本当は出てくればいいんですよね、出てこないんですよ、自分たちのルールでしか闘わないですよ。
それで街宣車の怖い右翼の人たちだって、話合えば、出てくる人たちも多いし、なんか昔抗議されたこともあるんでしょ?


岩上
ああ、ありましたね。


鈴木
なんで抗議されたんだったっけ?


岩上
「平成元年の右翼」って書いたときに文中の中に大葬の礼に参加した右翼の人たち、まあ既成右翼の人たち街宣右翼の人たちですよね。
ちゃらちゃらと光ものを身に着けてた人たちがいっぱいいた、とちょっとヤクザっぽい人たちがいて、ヒカリモノ着けるとはどういうことって書いたら抗議受けましたね。


鈴木
自分の事務所に来た?呼ばれたんだったっけ?


岩上
版元の宝島社にものすごくうるさく来たんですけど、ガンガン抗議がかかってきて、宝島社のほうが、今亡くなった石井さんとか、町山ともひろくんが担当だったんだけど、僕らが解決してくるからといって、ブルブルに震えて戻ってきて、「書き直してくれ」というから「冗談じゃねえ、何言ってんだ」とすごい取り囲まれて脅されていろいろ言われたっていうんで、「じゃあ、そんなんだったら、俺がもともと自分で話てくるって言ってたんだからいってくるよ」っていって行きましたよ。

・・・

100何キロあるごっつい人がぐうぐう言うんで
「わかったけど、どうすんの」って聞いたら「殺す」とか「ぶっ殺しに来る奴もいるぞ」とか、「じゃあ好きにしろよ」っていって名刺渡して、年老いた親もいるし子どももいるし、でも何かあったりしたら大変だから、家族もいて、もし、っていうことがあったら、それは俺もちょっとあれかなっていうことは言って。ぼくは筆折れないし・・・。


鈴木
最終的には書き直したの?


岩上
書き直しませんよ、まさか、だって、彼等だって認めてんだもん。
ようするにヒカリもん着けてたのは事実だと。
「事実でなんで書いたらいけないんだ」って聞いたら「そりゃそうだけど面白くないじゃないか」とわあわあ唸るんで、ずっと言ってて、そのうち疲れるんですよ、お互い言い合っても。
それで、ぱっと黒板見ると「ジャパン女子プロレス」と「日教組粉砕」の下に書いてあるんですよ。
それで「ジャパン女子プロレス」って何って聞いたら、急に、うーって言ってた男が「見に行くんだよ」って

(笑い)

見に行くって「プロレスファンなの?」って言ったら「そうだよプロレスファンだよ」っていって「おれプロレス詳しいよ」って言って、インタビューしたこととか言ったら、ああ、「見たことある」と・・・。
まだ、ぼく20代の終わりですから、すっかり盛り上がっちゃって、「じゃあ、もういいよね」って言ったら「そうはいかねえよ」といわれ、5時間くらいやってたんですよ。

・・・

鈴木
何かあったら自分の命を賭けるというのが、それが愛国者の証明なんだ

テロを否定しないのは、最後に自分が命をかけるから


俺は男だと男らしさとか言うんですよ、言いたがるんですね。
何かあったらおれはいつでも国のために死んでやる、と。
じゃあ、テロを否定してますかというと、みんな100%たぶんテロを肯定しますよ。
じゃあ、やるかといったらやらないですよ。死ぬまでにね、人を殺すとかいないんですほとんど。

じゃあ、なぜテロを否定すると言えないのかというと、テロを否定するというと男らしくない。
何かあった時には命賭けるんだと、いうふうに言っておかないと自分のアイデンティティが無いと。
それはね、ちょっと僕は寂しいなと。
僕はテロは否定だと言ったら「卑怯者」と言われましたけどね。


岩上
それはね、右翼の人たちに美学みたいなものがあって、刀は早々抜くものではなく
鞘の中に納まっていて、それは一回しか抜けないものなんだと。抜いたら自分も傷ついて、腹を切らなきゃいけないと、いう何か思いみたいなもの、美学みたいなものがある人たちだとずっと思ってたんですよ。

・・・

この頃の、あの怒鳴り方とかね、「射殺しろ」とかってね、「俺が射殺してやる」じゃないんですよ。
「俺がお前を殺してやる」っていうんだったら、酷いけどまだわかるんですね。
「いつか俺がお前を殺してやるから」っていうんだったら、「じゃあ、お前は殺すことによって確実に責任をとるんだね」っていうことになるわけですけど、
「射殺しろ」と警官に言って、「逮捕しろ」とか警官に言って、それで動いちゃう警官も情けないんですけれど・・。


鈴木
まあ、それは偶然でしょうけれども。
あれを見たら「逮捕しろ」といって警察が逮捕したと思っちゃいますね。


岩上
思いますし、また「やかましい」といってたしなめるくらいなことがあってしかるべきだし。
そういうふうに同じような行動、誤解されるような行動をとっているということに、まわりから見られているということがわかってない警察も問題だと思いますね。


鈴木
警察は責任問題ですよ。


岩上
同時に、一緒に馴れ合いながら動いていた彼等は自分達でテロを肯定するといいながら、自分たちではやらないということじゃないですか。


鈴木
やらないですよ


岩上
ほんとに脱原発のデモを行っている人を殺さなければならないと思っているのかどうか知りませんけど、人に向かって
「射殺しろ」とまでいっておきながら、自分は殺さないわけで、それはねえ、変な言い方ですけどね、おかしい、テロですらない


鈴木
言葉が軽くなってますよね。


岩上
軽くなってますね、軽くなっている割には非常に下品で強暴になってるじゃないですか
ここが今までの右翼といわれてた人たちと違うところなんです。
本当に右翼なんですか、と僕は思うんです。
一応、右翼の世界というのは、今の新しい右翼、ぼくらは外国人排斥団体だったと思うんですけども、そうじゃなくてあれは右翼の団体だと見られるんですか?


鈴木
いや、右翼の人たちは「あれは右翼じゃない」と言ってますよね。
だから、まあネットウヨク、なんていうのかなあ、「あれは右翼じゃない」と言ってますねえ。


岩上
背景に何かあるんですか?
そうした人たちが現れて活動する背景というのは何かあるんですか?


鈴木
んー、なんかこう一緒に集まって騒ぐ時に左翼って難しいじゃないですか。
理論的なこと、右翼のほうだったら、簡単だと。「日本を守れ」と「外国人出てけ」と
それで、なんかそういうのが集まり易いんじゃないですか。
だから、ネットウヨクって言葉があってもネットサヨクって言葉はないでしょ。

マルクス・レーニンを読んで、どこどこを批判するなんて難しいですからねえ。


岩上
まあ、事実上今サヨクといわれているような人たちいても、今マルクスを呼んでいる人はほとんどいないと思いますよ。
思想的伝統が絶えちゃっていると思いますよ


鈴木
自分たちの政治主張というよりも、自分たちの恨みつらみを政治主張に借りていっているような気がしますねえ。






(別エントリーでつづく)



最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします



「広告」



   今回の記事の題名で「テロリズム」という言葉を使っていますが、この用語の意味をまず説明しておきます。この用語は、ノーム・チョムスキーの言う意味で使っています。以前の記事で、チョムスキーの著...

Comments

Leave a Comment

ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...