「菅の顔だけは見たくない」人がいるのは何も国会だけではなく、今や日本全国に広がりつつある!

「菅の顔だけは見たくない」のは何も国会に限ったことではない。

多くの国民がうんざりしている。

もう荷物まとめてさっさと官邸から菅伸子共々出てけっ!

と、まあ、語る値にしない、価値が無い総理に対して、こちらの精神安定上よくないということもあり、ほんとうはこれ以上話題にもしたくないのが本音である。

これだけ四面楚歌になりながらも、我を通して踏ん張る姿は、自らの保身のこと、延命のみを中心に考えている自己チューの権化、餓鬼畜生の様相である。

そんなペテン師首相を唯一、自然エネルギーを推進する孫社長を中心とする一部の人たちのエールを拠り所として、またそれを利用して延命を図っているミエミエの姿が丸見えなので余計にムカついてくる。

延長を50日、3次補正を「新しい首相の下で」



70日延長、「新しい体制の下で」補正と訂正させた。

あきらかに「一定のメド」と同じで、またペテンにかけようとしている。

これについて我らが西岡議長は、次のように警鐘を鳴らしている。

「『3次補正は新体制が対応』はトリック」 西岡参院議長
(産経新聞2011.6.22 11:55)
 西岡武夫参院議長は22日午前の記者会見で、民主党が今国会の会期を70日間延長し、平成23年度第3次補正予算案は「新体制」が対応するとした方針を示したことについて、「『新体制』というのには、トリックがある。大幅な内閣改造をやっても、それを新体制と呼ぶ。そういう、ごまかしの政治はよくない」と批判した。
 その上で「もう、この政権はいい加減にしてもらいたい。党の執行部も、参議院を外して何を考えているのか。首相が、何月何日までに辞めますといわなければ、延長は国会として受けられない状況だ」と指摘し、菅直人首相が退陣時期を明示するよう求めた。



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********

また先日は、解散の可能性について触れている。

西岡参院議長が会期延長を批判 参院側で阻止することも一時研究
(産経新聞2011.6.21 16:57)
 西岡武夫参院議長は21日、産経新聞の取材に応じ、政府・民主党が今国会の大幅延長を求めていることについて「菅直人首相の延命のための国会延長以外の何物でもない。それに国会が手を貸すのか。今の状態で10月半ばまで延長するなどもってのほかだ」と語り、首相を強く批判した。

 その上で、西岡氏は「首相は目先の大事な問題も処理しないまま、(延長後に)脱原発を掲げて衆院を解散しかねない。だまされてはいけない」と与野党議員に警鐘を鳴らした。

 西岡氏は参院側で会期の延長を阻止する研究も行ったが、「残念ながら、法制的に止める手だてがない」と語った。国会法は会期延長の議決に関し、衆院の優越を定めているからだ。

 一方、首相が再生エネルギー特別措置法案に意欲を見せていることに対しても、「原発が動かなかったときの電力をどう埋め合わせるのか。数字や根拠を示さず、バラ色のような言葉で国民を幻惑するのはおかしい」と批判した。



「脱原発」解散は無いという見方が大勢を占めるが、このペテン総理ならばやりかねないと思う。

一部支持層からは、やるべきだという声も上がり一部マスコミも援護射撃をしている。

こういう人たちは自分たちのライフワークなのかもしれないが、そこしか見えていないとしか思えない。

確かに菅直人が1年生議員の時に、アメリカの自然エネルギーの実態を目の当たりにして、それ以後、関心を持って取り組んできたことは確かだろう。

ただ、首相になってから、消費増税やTPPを急に打ち出し、雇用の三連発や最少不幸社会など、まったくエネルギー問題などは取り上げず、法案が出てきた時もコメントもなかった。

急に延命のために利用できると考え、持ち出してきたことは多くの国民が見透かしている。

参院の民主党幹部が、「何が再生エネルギーだ。やることはそれじゃないだろ、話にならん」とブチ切れている。

今やるべきことは何度も書くが復旧・復興である。

レイムダックがゾンビダックになって日本の政治がメルトダウンしていく。

今週の24日に両院議員総会開催で調整しているようだが、今の民主党にこの悍ましい代表をはねつける力があるのかどうなのか、甚だ疑問が残る。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

コメント

非公開コメント

全くその通り!
原発事故に関して、政府や管は何をした?
復興、復旧が今、求められてるのに、それに関して何もしてない!
自治体、企業、ボランティア、個人で出来る範囲は限られてる!原発事故が起こった段階でそんな範囲はとっく超えてるのに、何も動いてない!
何が、再生エネルギーに増税だ?!そんなのは、原発事故の後処理や被災地、被災住民を救ってからの話だ!
このまま、梅雨、夏に入る、この人災でまた何人もの犠牲者を出すつもりか?
何のための誰のための政府だ?
そんな総理大臣はいらない
被災地の人は、政府に強烈にもっと訴えるべき、でないとこのままでは取り残されて、いつまでも被災地のままだ