SPEEDIデータは「受け取ってない」、海水注入は「事前に聞いていた」とドンドン醜くなるスッカラ菅の「誤魔化し」と「言い訳」

昨日エントリーしたSPEEDIの件で読売新聞は、他社の記事と全く違う内容で、菅総理をかばうような記事を書いている。

まず昨日の東京新聞の記事でSPEEDIを視察前に官邸に取り寄せ、自分はデータを見て視察に行き、国民にはデータを見せずにその間、住民は被爆した、というトンデモない出来事について、読売は次のように報じている。

職員の対応まずかった…官邸連絡不備で枝野氏(読売新聞2011年5月20日)
 ≪東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射性物質の拡散を予測した「SPEEDI(スピーディ)」の試算結果が、事故発生翌日の3月12日に首相官邸にファクスされながら菅首相らに届かなかった問題で、政府は他にも、官邸内の情報伝達で問題がなかったか調査を進める方針だ。
 枝野官房長官は20日夕の記者会見で、「情報が止まった理由を調べているが、(官邸でファクスを受け取った官僚が)重要な情報でないと判断したとしか考えられない」と述べ、職員の対応がまずかったとの認識を示した。
 そのうえで「いずれは全ての資料について検証が必要だ」と語った。≫

この記事によれば、官邸にファックスで送ったデータは菅首相は受けとれなかった、という何ともいいようがない言い訳でありゴマカシである。

こういう事がこの政権では日常茶飯事と化している。

また、JNNがスクープした震災発生の翌日に東電は海水注入を開始するが、それを菅首相が「聞いてない」と事前に報告を受けてないとして55分間止めさせた、というもの。
少し長いがテレビのニュースはすぐに削除されてしまうので、魚拓として転載させていただく。

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********

1号機海水注入、官邸指示で中断 (TBSニュース2011年5月20日15:59)

≪メルトダウンが明らかになった1号機をめぐる新たな事実です。震災が発生した翌日の3月12日の夜、東京電力が海水注入を開始したにもかかわらず、総理官邸の指示により、およそ1時間にわたって注入を中断させられていたことがJNNの取材で明らかになりました。
 「20時20分から、現地では第1号機に海水を注入するという、ある意味、異例ではありますけれども、そういった措置がスタートしております」(菅首相、3月12日)
1号機の原子炉への海水注入は当初、3月12日の午後8時20分から始まったとされていましたが、実は1時間以上早い午後7時4分に開始されていたことが、今月16日に東電が公開した資料に明記されています。
 真水が底をついたため東電が海水注入に踏み切ったものですが、政府関係者らの話によりますと、東電が海水注入の開始を総理官邸に報告したところ、官邸側は「事前の相談がなかった」と東電の対応を批判。その上で、海水注入を直ちに中止するよう東電に指示し、その結果、午後7時25分、海水注入が中止されました。
 そして、その40分後の午後8時5分に官邸側から海水注入を再開するよう再度連絡があり、午後8時20分に注入が再開されたということです。
 1号機については、燃料がほぼすべて溶け落ちる「完全メルトダウン」という最も深刻な状況であることが明らかになっています。事故の初期段階で、官邸側の指示により55分間にわたって水の注入が中断されたわけですが、専門家は「あの段階では核燃料を冷やし続けるべきで、海水注入を中断すべきではなかった」と指摘します。
「(Q.淡水がつきれば速やかに海水注入すべき?)原理的にまさにそういうこと。(Q.中断より注入続けたほうがよかった?)そうだと思いますね。特に理由がないのであれば」(東京大学総合研究機構長 寺井隆幸教授)
 JNNでは、政府の原子力災害対策本部に対し、官邸が海水注入の中止を指示した理由などについて文書で質問しましたが、対策本部の広報担当者は「中止の指示について確認ができず、わからない」と口頭で回答を寄せています。≫

これに各メディアが続いた。

1号機の海水注入を55分間中断 再臨界恐れ首相指示(共同通信2011/05/20 21:28)

これに対しては読売が次のように報じている。

首相の意向で海水注入中断…震災翌日に55分間(読売新聞2011年5月21日06時00分)
≪東京電力福島第一原子力発電所1号機で、東日本大震災直後に行われていた海水注入が、菅首相の意向により、約55分間にわたって中断されていたことが20日、分かった。
 海水を注入した場合に原子炉内で再臨界が起きるのではないかと首相が心配したことが理由だと政府関係者は説明している。
 臨界はウランの核分裂が次々に起きている状態。原子炉内での臨界には水が必要だが、1号機は大震災直後に制御棒が挿入され、水があっても臨界にはなりにくい状態だった。
 東電が16日に発表した資料によると、1号機の原子炉への海水注入は震災翌日の3月12日の午後7時4分に開始された。それ以前に注入していた淡水が足りなくなったため、東電が実施を決めた。
 複数の政府関係者によると、東電から淡水から海水への注入に切り替える方針について事前報告を受けた菅首相は、内閣府の原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長に「海水を注入した場合、再臨界の危険はないか」と質問した。班目氏が「あり得る」と返答したため、首相は同12日午後6時に原子力安全委と経済産業省原子力安全・保安院に対し、海水注入による再臨界の可能性について詳しく検討するよう指示。併せて福島第一原発から半径20キロ・メートルの住民に避難指示を出した。
 首相が海水注入について懸念を表明したことを踏まえ、東電は海水注入から約20分後の午後7時25分にいったん注入を中止。その後、原子力安全委から同40分に「海水注入による再臨界の心配はない」と首相へ報告があったため、首相は同55分に海江田経済産業相に対し海水注入を指示。海江田氏の指示を受けた東電は午後8時20分に注入を再開した。その結果、海水注入は約55分間、中断されたという。≫

この記事では事前に報告を受けていた、ということになっている。

だから、「聞いてないよ、すぐ止めろ」とキレて海水注入を中断させたのではなく、事前に聞いていて冷静な判断の下だったことを強調したいのだろう。

今までの「キレ菅」からいけばJNNの報道のほうが信頼性が高い。

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********

その読売新聞に西岡議長が寄稿して、菅総理に最後通牒を突きつけた。それに対して今度は朝日が社説で西岡氏を指弾している。

西岡議長、本紙に寄稿「首相は即刻退陣を」 (読売新聞2011年5月19日03時04分)
 ≪西岡参院議長は18日、東日本大震災や東京電力福島第一原子力発電所事故への菅首相の対応を厳しく批判し、一刻も早く退陣するよう求める論文を読売新聞社に寄稿した。
 三権の長である参院議長が、行政府の長である首相の退陣を求めるのは極めて異例だ。
 西岡氏は、震災発生以来の首相の対応について、「首相としての責務を放棄し続けてきた」と批判し、「必死さも、決意も、術もなく、今、お辞めにならなければ、原発事故がもたらす重大な課題も解決できない」と強調した。
 具体的な疑問点として、原発事故について正確な情報を国民に知らせていないと指摘したほか、仮設住宅建設やがれき処理の遅れ、すべて先送りの首相の政治手法などを挙げ、いずれも「政権の座に居続けようとする手法」と切り捨てた。(寄稿全文は19日の読売新聞朝刊に掲載)西岡参院議長といえば、要所要所で菅総理に苦言を呈してきた。≫

今まで事あるごとに西岡議長は菅政権に対して苦言を呈してきた。

それがいちいち尤もなことなので、菅政権を支える幹部のカンにさわっていたのだろう。

仙谷氏が官房長官辞任に追い込まれたのも、西岡氏の発言が大きかった。

ただ、亀井静香代表に言わせると「菅さんは絶対に自分からは辞めない」ということだ。

最近、脱原発の市民にとっては、大変心地いい発言をしているが、それもこれも保身のためであることが見え隠れしているのが、ミエミエだけにかなり痛い!

この西岡議長に関する朝日の記事は、特に菅政権になってから星浩を中心にマスメディアとして報道の役割など、かなぐり捨てて露骨な菅擁護記事が多くなっていた。

参院議長発言―危機の中で「倒閣」の愚(朝日新聞:社説2011年5月21日付)

この社説の最後に次のような文章がある。

≪急流を乗り切るまでは、馬を叱咤(しった)し、激励し、前に進ませるしかない。進退を論じるのは、そのあとでいい。 ≫

西岡さんは、菅総理では、その急流を乗り切れず沈没してしまう、と言っているのが朝日はわからないようだ。

前日の読売社説は、自分ところに寄稿したからなのか西岡議長を支持した社説を書いている。

西岡参院議長 首相「退陣勧告」の意味は重い(5月20日付・読売社説)

社説と一般の記事で、現政権に対してこれほど姿勢が違うのかはよくあることだとは思うが、ダブルスタンダードだとするとナベツネの下、一枚岩では無くなってきているという証左なのかもしれない。


最後までお読みいただきありがとうございます

参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

コメント

非公開コメント