日本の司法制度は腐っている―封建制度そのままのまさに裁判長の独壇場…江戸時代から全く変わってない!by ノーベル物理学賞の中村修二氏

ノーベル物理学賞を青色の発光ダイオード(LED)を開発した赤崎勇・名城大終身教授(85)、天野浩・名古屋大教授(54)、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(60)の日本人3人が受賞した。
正確には日本人2人と米国人1人ということになる。(参照) 中村氏は日本の司法に呆れて米国へ渡ったといっても過言ではない。
中村氏は勤務していた日亜化学工業と特許の対価を争い訴訟合戦になっていた事は記憶に新しい。やたらと「200億円」が飛び交っていたのを思い出す。裁判が終わり上梓したのが下記の本だ。

ごめん!
ごめん!
posted with amazlet at 14.10.08
中村 修二
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 511

この本の第3章のタイトル:
日本の司法制度は腐りきっていた…裁判では公平と正義が貫かれるべきだ…国民主権の日本で裁判も国民のためにある

続きを読む

竹崎博允・前最高裁長官の情実人事のより…唯々諾々として汲々としてあるいは嬉々として最高裁長官や最高裁判所事務総局の意向に従い我先に尻尾を振ってその「期待」に応えようとする風潮ができあがってしまった。(『絶望の裁判所』より)

官僚をはじめ役人は世の中では常識である責任を一切とらない。冤罪で48年収監しても死刑で無実確実だったのに殺しても…市民に出来ることは、そのような冤罪に関わった刑事、検事、裁判官の名前を晒し、責任を追及し続けることしかない… http://t.co/gxc4zMccPo
04-11 20:19


絶望の裁判所 (講談社現代新書)』関連のツイートまとめ

絶望の裁判所 (講談社現代新書)
瀬木 比呂志
講談社
売り上げランキング: 248

続きを読む

「内閣法制局」が事前に厳しく審査するため整合性や一貫性が充分に確保され「違憲」と考える法令が少ないので「憲法裁判所」は必要ない?

海外の全く関係ない二つのニュースが、共に「憲法裁判所がらみ」だった。

一つが、トルコ当局によるツイッターやユーチューブ遮断に対して、憲法裁判所が「人権侵害」だと判断した事。

turkey-twitter.jpg
<出所:テッククランチ

もう一つが、タイの憲法裁判所が反タクシン派の訴えを受理し、それによりインラック政権崩壊に繋がる可能性もあるとのニュースだ。

続きを読む

「高知白バイ事件」で腐った警察組織を、「創価学会裁判」で日本支配を目論む巨大宗教を、「最高裁裏金」で腐った司法を糾弾し巨悪と闘い続ける生田暉雄弁護士

少し時期を逸してしまったが、先日行われた市民ネットメディアグループによる生田暉雄弁護士への「インタビュー&トーク」の模様を、山崎康彦氏が分かり易くまとめているので転載させていただく事にする。

実は先日、傍聴した森ゆうこ前議員による一市民ブロガーである志岐武彦氏を訴えた裁判で、志岐氏側の弁護人として山下幸夫氏が着いている事から、誤解を生みかねない状況なのでバランスをとる必要があった。

生田弁護士が主任を務める創価学会幹部を訴えた裁判では、相手側、すなわち創価学会側の弁護人として山下弁護士が務めているという、別に二つの裁判は全く関係性はなく別々の案件なのだが、私の立ち位置から見た時に山下弁護士が敵と同時に味方にもなっていて、非常に分かりにくくコンプリケートな状態に陥っている。

続きを読む

映画「チェンジリング」に見る「警察腐敗度」は、「国連拷問禁止委員会」で「中世」と言われた現在の日本の司法権力と被る!

クリント・イーストウッドが監督した作品でアンジェリーナ・ジョリー主役の「チェンジリング」という映画がある。

チェンジリング [DVD]
チェンジリング [DVD]
posted with amazlet at 13.06.02
ジェネオン・ユニバーサル (2009-07-17)
売り上げランキング: 23,854

たまたまCSでやっていて、最初はナガラ見していたが、徐々に映画に惹き込まれてしまった。この中に出てくる警察官の腐敗度がハンパない。

続きを読む

CNM主催の講演会「小沢一郎を嵌めた検察審査会の不正を徹底解明!『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』を終えて

昨日行われたCNM(市民ネットメディアグループ)主催の講演会「小沢一郎を嵌めた検察審査会の不正を徹底解明!『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』の模様をYouTube「日々坦々チャンネル」にアップした。



プロジェクターに映し出された資料
『最高裁が画策した「小沢検審架空議決」』.pdf

続きを読む

佐藤真言氏インタビュー&トーク第二弾「私は刑務所に入ることなどしていない!」法曹三者による「司法ムラ」にメスを!

昨日の「佐藤真言氏インタビュー&トーク第二弾」は、12人の参加者と多くのツイキャス視聴者とともに行われた。



内容は映像を見ていただくとして、特に印象に残ったものがいくつかあった。

続きを読む

小沢一郎を嵌めた検察審査会の不正を徹底解明!5.26『最高裁の罠』著者・志岐武彦氏講演会

この国の司法権力が、相当に腐っていることは本ブログで何度も取り上げている。

冤罪事件は数多くあるが、表に出ているものは氷山の一角に過ぎない。名も知れない多くの一般市民やその家族が、人生をメチャクチャにされ命までも奪われてきた。

一連の「小沢事件」を通じて、次々と起こる不可解な出来事を通じて、あらゆる日本の権力機構の「腐り度」をまざまざと見せつけられてきた。

続きを読む

「最高裁裏金」の事の発端は「砂川裁判での伊達判決」であり結局は「日米関係」に起因している?!

先日、生田暉雄弁護士へのインタビューで分かったことは、「なぜ50年以上もの間、延々と繰り返されてきた最高裁の裏金が表に出てこなかったのか」という答えがわかった。

参照エントリー:
「最高裁裏金」とバーター…「警察、検察、裁判官が過ちを犯しても個人責任が問われない」「会計検査院は一度も最高裁を検査してない」

先回の映像:

続きを読む

【司法の闇に光を!】6/1最高裁事務総局の社会支配と戦う市民集会の続報!予定弁士が決まりつつあり!

6月1日【司法の闇に光を!】最高裁事務総局の社会支配と戦う市民集会の弁士が決まりつつあります。

【予定弁士】
・生田暉雄:弁護士・元大阪高裁判事。最高裁裏金問題・高知白バイ事件など難事件に取り組む。

・仙波敏郎:愛媛県警察の元警察官。鹿児島県阿久根市の元副市長。「警察見張番・愛媛」代表。2005年、現職警察官として初めて警察の裏金問題を実名で内部告発。

・辻 恵:弁護士・弁理士・前衆議院議員。小沢一郎氏を検察審査会が「起訴相当」議決した後、「司法のあり方を検証・提言する議員連盟」事務局長に就任していた。

その他、現在交渉中!

続きを読む

TPP・オスプレイは拒否できる!&【拡散!】CNM主催:6/1【司法の闇に光を!】「最高裁事務総局の社会支配と戦う市民集会」開催決定!

(街カフェブログより転載)
TPP・オスプレイは拒否できる!!
(街カフェTV社説/藤島利久)
http://kochi53.blog.ocn.ne.jp/blog/shasetu.html
日米安保条約10条の内容を確認するだけで、TPP交渉やオスプレイ強制配備など拒否出来る!!

日米安保条約10条とは・・・

日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約 第10条

続きを読む

虚偽報告書で「小沢一郎は刑事被告人」、「作成検事は不起訴」の暗黒裁判 by 週刊ポスト

今週発売の週刊ポストGWスペシャル特大号は、田代政弘元検事が作成した「虚偽報告書」により、小沢さんは起訴され作った本人が不起訴という、日本司法の矛盾・不条理を突いた記事を書いている。

332111.jpg(週刊ポスト5/17号)

※他の記事のタイトルが、あまりに過激なので「○○コード」に引っ掛かる恐れがあるとの事で、表紙画像は削除しました。

続きを読む

「最高裁裏金」とバーター…「警察、検察、裁判官が過ちを犯しても個人責任が問われない」「会計検査院は一度も最高裁を検査してない」

昨日は久しぶりに生田暉雄弁護士の最高裁の裏金について聞いた。

続きを読む

この国の司法は異常である「検察も裁判所も真実を隠し捏造して誤魔化す詐欺集団」袴田事件弁護団、村崎修弁護士

以前より関心はあった袴田事件だが、先日、マスコミで袴田死刑囚が刑務所に最長収監されているという不名誉なニュースが報じられたのを機に、本ブログでも取り上げた。



その延長で、本日行われた支援者による「冤罪袴田事件の再審を求める市民集会」を中継させていただいた。

続きを読む

石川議員は辞職せず、腐れ司法維持派「飯田喜信」と改革派「小川正持」裁判官の対決を最高裁で決着させるべきだ!

石川知裕氏に対する「辞職固定化報道」が、本人の意向とはかけ離れたところで報じられているが、無視したほうがいい。

20130313161114.jpg 201211120307020b5_20130414205026.jpg
   飯田喜信裁判官   VS    小川正持裁判長

この「陸山会控訴審判決」は、「東電OL殺人事件」で一審無罪を逆転有罪にした飯田喜信を含む裁判部判決を、再審請求で無罪確定させ小沢控訴審でも無罪判決を出した小川正持裁判長に対する意趣返しの意味合いが含まれているから、最高裁で決着させる必要がある。

続きを読む

腐った司法と闘う自立した市民への分断・排除の妨害工作発覚!極めて卑劣な「ツイッターなりすまし」

CNMの仲間である藤島利久氏に対する妨害工作が、ここのところ激しくなっている。

一見、本人のツイッターページと酷似しているが・・・
6654221.jpg

藤島氏のID「kochi53」のうち「O」と「C」が入れ替わっていて「kcohi53」となっているのだ。

続きを読む

小沢一郎を「刑事被告人」にした「検察審査会」新たな重大疑惑(週刊ポスト)…スクープ全文

先日エントリーした、■≪小沢一郎を「刑事被告人」にした「検察審査会」新たな重大疑惑≫(週刊ポスト)市民 VS 腐れ最高裁事務総局のスクープ記事の全文が出ていたので紹介する。

20130403042928f3d.jpg

続きを読む

≪小沢一郎を「刑事被告人」にした「検察審査会」新たな重大疑惑≫(週刊ポスト)市民 VS 腐れ最高裁事務総局

週刊ポストの必読記事が掲載された号が発売された。

5544309.jpg (週刊ポスト4/5号)

検察審査会を所轄する最高裁事務総局も、まさか素人にここまで踏み込まれるとは思いもよらなかっただろう。

だから検察審査員の平均年齢でも二回とも同じだったこと、民主党代表選に強制起訴議決日をわざわざ早めて併せるとか、ふざけた内容をも平気でやってのけている。

続きを読む

誤審しても人を裁き続け誤審を重ねている飯田喜信裁判長をみんなで「裁判官訴追委員会」に訴えよう!

討論バーシチズンのマスター西岡氏が、小沢一郎元秘書の控訴を棄却し有罪判決を出した飯田喜信裁判長を訴追しようと呼びかけている。

11258_20130320034658.jpg

飯田裁判長は「東電OL殺人事件」で一審無罪だったものを、わざわざ有罪にし犯人とされたゴビンダさんを15年間も拘束させた張本人であり、本人と家族の人生をメチャクチャにした罪は非常に重い。にもかかわらず、それを何も無かったかのようにイケシャーシャーと人を裁き続け、誤審を繰り返している司法犯罪者である。

続きを読む

「司法ムラ」がいかに腐っているかがよくわかる「裁判所職員による転び公妨事件」!判決直前、大高氏へインタビュー

いつもの「ツイートまとめ」にしようと思ったが、手抜きと思われ読んでいただけないかもしれないと思い、重要なツイートなので違った形でエントリーしてみる。

明日、429号法廷で大高正二氏の「裁判所職員による転び公妨事件」の判決が下される。


続きを読む