米国というDV夫とは離縁しろ!「米軍基地を置いて思いやり予算出して地位協定という不平等条約に甘んじて今度は米国のために血も流そうという…」小林よしのり氏 (8/27-29のツイートまとめ)

hibi_tantan24

米国というDV夫とは離縁しろ! http://t.co/97y0qLe9qD ≪米軍基地を置いて思いやり予算出して地位協定という不平等条約に甘んじて今度は米国のために血も流そうという態度では、もはや同盟の双務性をはるかに超えて、ただDV夫に殴打されながらついて行くマゾヒスト妻…≫
08-29 08:12

ヤジを「自席発言」に言い換え…NHKの露骨な“安倍チャンネル”ぶりに批判デモが! メディア内部で進む記者の隷属化 http://t.co/RruHbWkHgG @litera_webさんから
08-29 10:49

続きを読む

安保法制が「日本国憲法」より上位にあり政治家も関与できない「日米合同委員会」で重要案件が決められている現況を変えるには「米軍基地完全撤去」しかない!(再掲)

(以下、本ブログ2015年3月9日エントリー

安倍総理が訪米して国会審議を待たずしてアメリカにお伺いをたて確約してしまうという、やはり米国が日本の宗主国であり、日本は米国の植民地であることを改めて思い知らされた出来事だった。

ここでは3月に、その日米関係の「実相」ともいうべき事についてエントリーしたもので、再度アップしておきたいと思う。

(以下再エントリー)

雑誌とテレビで今までほとんど触れられてない「日米合同委員会」について取り上げられていた。3月4日に発売された「SAPIO4月号」、3月5日に放映されたテレ朝モーニングバードの「そもそも総研」である。
SAPIO4月号
SAPIO 2015年 04 月号 [雑誌]
≪見えざる支配者 会合の中身は一切明かされない「日米合同委員会」という聖域≫

そもそも総研
goudou00000.jpg
≪日本国憲法も日本の最高権力者の意思をも超える「日米合同委員会」≫

続きを読む

「米軍基地」を押し付けられている沖縄「原発災害」に喘いでいる福島、共通項の根底には「日米関係」がある!(再掲)

(以下、本ブログ2014年6月13日エントリー

先日の沖縄タイムズの社説はよかった!

henoko.jpg

「原発と基地問題」という、ある意味、「米国の影響」において根っこの部分で共通項が多い二つの自治体による調査は、かなり興味深い。

続きを読む

米国は「情報テロ国家」だ!NSAはターゲットの動向のみではなく企業・金融情報や最新技術などあらゆる情報を盗聴している!(再掲)

(以下、本ブログ2013年11月5日エントリー

ちょっと前にある方から「日々坦々さんはNSAの監視対象リストに入っているよ」というような事を言われた。

1487399e-s.jpg

NSAとは勿論、米国の国家安全保障局(National Security Agency)の事である。どういう経緯でそれがわかったかは詳しくは知らないが、まあ「ありえる話」だとは思う。日本でもターゲットになっている人は10万、100万単位だろうし、少し尖がった主張をネット上ですれば、たちまち対象者になり得るだろう。

続きを読む

CIAエージェントがウジャウジャいてその人や組織に取り囲まれた「対米隷属社会」というのが日本の今の姿である!(再掲)

(以下、本ブログ2013年8月7日エントリー

2009年8月1日にブログを初めて半年後、テーマである「日本社会を歪める問題の根源」として、5つをあげた。

①国民の血税を吸血する官僚組織と特殊法人
②最高権力機関としての検察組織
③「報道5原則」(推定無罪の原則、公正な報道、人権を配慮した報道、真実の報道、客観報道)を全て無視したマスメディア
④日本を総体革命の名の下、国の乗っ取りを目標としている創価学会
⑤アメリカ国益を優先し日本の国益を阻害している人と組織

そして、この5つに共通し通底する問題がマスコミだと位置付けた。これは間違いではなかったが、その後4年間、ブログをやってきて一番の根源的問題が⑤であることを痛感させられた。

続きを読む

戦後の「日米関係」がよーくわかる!…孫崎享氏の講演会『戦後史の正体』(再掲)

続きを読む

「我々が望むだけの軍隊を望む場所に望む期間だけ駐留をさせる権利を有する」ダレス(再掲)

(以下、本ブログ2012年7月31日エントリー

ニコ生で孫崎享氏と​天木直人氏が『戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)』について語るという番組があった。

2012-7-31-4.jpg

この中で孫崎氏が興味深い事を語っている。

≪この本に盛り込まれたメッセージは、自主独立のために政治家に頑張って欲しいということ。このメッセージに反応した政治家は二人いた、鳩山由紀夫元首相と小沢一郎氏≫


続きを読む

岸元首相が日米安保条約に仕組んだ第10条「通告するだけで破棄できる」と孫崎享著『戦後史の正体』(再掲)

(以下、本ブログ2012年7月28日エントリー

小沢さんがオスプレイ搬入は「米国追随の事例だ」と批判した。

2012-7-28-01.jpg

「アメリカの意のままに、政府が追随する関係を示す典型的な事例ではないか」と報道されているが、その部分を書き起こしてみた。

参照
小沢氏“オスプレイは米追随の事例”(NHKニュース7月26日)

続きを読む

政権交代して国民目線の総理大臣が誕生しても日米の「主従関係」を断ち切らない限り日本社会は良くならない!

ブログの更新が滞ってしまっている。

理由は二つ。

仕事は特に変化はないものの、プライベートで趣味が増えたことにより多くの時間をそちらに割いていること。

ただそれは言い訳で、理由の大半はもう一つの事になる…

このブログを始めたのが2009年の民主党を中心とする本格的な政権交代が起きる1か月前である。

きっかけはいろいろあるが、目的は「日本が直面している諸問題の根源を追求」し、少しでも社会をより良くしていく一端を担う事で、モチベーションとしてそれに参戦し貢献したいという願望である。

わが世の春を謳歌し変革を嫌がる官僚機構や司法当局、日本に「総体革命」を起こそうとしている創価学会、対米隷従する日本の国益を考えない人や組織など、日本が抱える問題の根源を追及してきたという自負はあるが、もう一度、非自民、非創価学会の政権交代が起きたとしても、基本的には日本は何も変わらないのではないかという疑念が大きくなり、それが次第に確信するまでに至った事が一番大きなことで、政治ブログを更新していくモチベーションが極度に低下してしまった。

続きを読む

安保法制が「日本国憲法」より上位にあり政治家も関与できない「日米合同委員会」で重要案件が決められている現況を変えるには「米軍基地完全撤去」しかない!

先週、雑誌とテレビで今までほとんど触れられてない「日米合同委員会」について取り上げられていた。3月4日に発売された「SAPIO4月号」、3月5日に放映されたテレ朝モーニングバードの「そもそも総研」である。
SAPIO4月号
SAPIO 2015年 04 月号 [雑誌]
≪見えざる支配者 会合の中身は一切明かされない「日米合同委員会」という聖域≫

そもそも総研
goudou00000.jpg
≪日本国憲法も日本の最高権力者の意思をも超える「日米合同委員会」≫

続きを読む

日本国憲法より上位にある「安保法体系」を協議し官僚機構との月2回の会議で全てを掌握し日本を陰で支配する「日米合同委員会」

本ブログでも発売日前から「注目書籍」で取り上げていたが、あの孫崎享氏が書いた名著『戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)』の編集者であり、同じ「戦後再発見」双書シリーズの一冊、『本当は憲法より大切な「日米地位協定入門」 (「戦後再発見」双書2)』の共著者として矢部宏治氏の本が話題である。

日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか

六本木基地 03
ここは東京のど真ん中にある六本木米軍基地

続きを読む

ケヴィン・メアに続きアルフレッド・マグルビー在沖米総領事がまたもや宗主国の領主様発言!

アルフレッド・マグルビー在沖米総領事が、失言をしたようだ。

続きを読む

69年経った今もなお米国による植民地化政策(愚民化政策)「3R」「5D」「3S」「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」の影響下にあるニッポン!

明日で69回目の終戦記念日を迎える。

戦争は国家が人殺しを許可し、それまでの道徳観念や価値観を捻じ曲げ、人々を戦争へと向かわせるためにマスコミを使って国民を狂喜乱舞させて人身を完全に狂わせる。

それは昔も今も全く変わらない。
一番驚くのが、こんな写真を一面に掲載するオーストラリアの全国紙だが…。(参照

続きを読む

「米軍基地」を押し付けられている沖縄「原発災害」に喘いでいる福島、共通項の根底には「日米関係」がある!

先日の沖縄タイムズの社説はよかった!

henoko.jpg

「原発と基地問題」という、ある意味、「米国の影響」において根っこの部分で共通項が多い二つの自治体による調査は、かなり興味深い。

続きを読む

沖縄への米軍駐留の半恒久化を図る方針を「日米共同声明」で示唆。「長期的に持続可能な米軍のプレゼンスを確かなものにする…」と

hibi_tantan24

アメリカ側は、共同声明に交渉の前進を盛り込むにはそれなりの中身が必要だとして、農産品の関税などで高い要求を出し、日本側に譲歩を求めてきたという。譲歩がなければ日米共同声明の発表ができなくなるともけん制、日本側も譲らなかった。http://t.co/nQgXArHUvT
04-25 07:49

ラヴロフ外相は、ウクライナ暫定政権がジュネーブ会合の合意をひとつも守っておらず、バイデン米副大統領のキエフ訪問の際に、国の南部東部での対テロ作戦の再開を命じたことを指摘…(ロシアの声) http://t.co/FkARgUIyez
04-25 07:53

「日本人客にノーは禁物」 英観光庁が外国人対応の手引き http://t.co/VZHyJSdA12 ・日本人の要望には、たとえ具体的に言われなくても、すべて先回りして対応すること。・日本人客にははっきり「ノー」と言わず、もっと感じの良い言い方を考えなければならない。
04-25 07:58

続きを読む

尖閣問題に言及しTPPで大幅譲歩を迫るオバマもTPA無しの「丸腰交渉」を日本側に見透かされ…

オバマ来日前には、TPP日米交渉が合意されると日本のマスコミの多くは、「オバマが来日中に合意され共同宣言に盛り込まれるだろう」という予想を裏切り、結局、日本を離れてから共同宣言が発表される、という最初から最後まで「異例ずくめ」の国賓オバマ来日だった。

日米TPP交渉01
甘利大臣とフロマン通商代表

最後まで共同宣言が遅れる原因となったTPP交渉で、オバマ大統領滞在中に合意ができなかった事は、日本にとっては本当に優位に交渉をしたといえるのか?

続きを読む

二転三転して2泊3日…異例ずくめの国賓オバマ来日でマスコミも混乱!すきやばし次郎は米国側の要請 or 日本側が用意?

今回のオバマ大統領は、日本、韓国、マレーシア、フィリピンの4カ国を歴訪するという事で、当初は無かった韓国訪問が加えられ、朴槿恵(パク・クネ)政権の対米ロビー活動が奏功して日本の滞在も2泊から1泊になっていたが、日本が巻き返して2泊3日となった。(諸説あり)

おばま歴訪

強引に訪韓に持ち込んだ朴槿恵政権は、セウォル号沈没で未だに多数の行方不明者を抱えているという「最悪のタイミング」でオバマ大統領を迎えることになってしまった。

続きを読む

「愛国者法」成立後の米国社会と同じく日本も国家権力に楯突く市民やブログは駆逐され「国民の総家畜化」が進んでいく!

「みんな」と「維新」の修正協議成立により特定秘密保護法案の成立が確定的となってしまった。

ただ、最後の最後まで抵抗をしていかなければ、本当にこの国はジエンドになる。

そんな中で、深い考察とその行間にある深い見識と知識で、常に本質を突き時代の方向性に警鐘を鳴らし続けてきたブログ「独りファシズム」が閉鎖するという。

リンクを貼らしていただいていた二つの「独りファシズム」の内の一つ「独りファシズムVer.0.1」が既に閉鎖されてしまった。

続きを読む

米国は「情報テロ国家」だ!NSAはターゲットの動向のみではなく企業・金融情報や最新技術などあらゆる情報を盗聴している!

ちょっと前にある方から「日々坦々さんはNSAの監視対象リストに入っているよ」というような事を言われた。

1487399e-s.jpg

NSAとは勿論、米国の国家安全保障局(National Security Agency)の事である。どういう経緯でそれがわかったかは詳しくは知らないが、まあ「ありえる話」だとは思う。日本でもターゲットになっている人は10万、100万単位だろうし、少し尖がった主張をネット上ですれば、たちまち対象者になり得るだろう。

続きを読む

「米国の意志最高、日本の異論うけつけず」はオスプレイ配備やTPP、地位協定など今日もなお継続されているのがよくわかる!

ツイッターで変な返信されてたのを機に、「終戦記念日」で昨年の8月15日のエントリーでドイツと比較したものを書いてたのを思い出し、それをリバイバルしたいと思う。

その前に孫崎享氏の発言を要約してFBとツイッターにあげておいた。1945年9月2日に署名された降伏文書には「日本の一切の官庁及び軍は降伏を実施するため連合総司令官の出す布告、命令、指示を守る」とあり、 この状況が1951年のサンフランシスコ講和条約まで続く。安保条約は米軍占領を基本的に延長。「米国の意志最高、日本の異論うけつけず」は今日もなお継続されている。

続きを読む