日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




国会論戦の初戦で見えた、来年の政界再編劇

Category: 国会論戦   Tags: 政治情勢  自民党  参院選  平沼赳夫    
言葉に説得力が無いと、なんとも虚しいただの雑音にしか聞こえなくなる。

谷垣さんが威勢よく質問している全ては、自分たちにも向けられていることを自覚すべきだ。
公約違反だ、普天間・八ツ場ダム問題、予算など、鳩山さんから切り替えされても、一言も反論できない、今の自民党は既に野党としての存在意義すら無くなった、と言っても過言ではないだろう。

マニフェスト詐欺はどちらなんだ、政権担当能力というのは、一部の業界・企業そして政治家に利益をもたらす能力のことか。

この最初の国会論戦で、既に先が見えてきてしまった。

何をどう足掻こうが、今の自民党でいるかぎりは浮上することはない、ということだ。
今後、参院選が近づくにつれ、自民党参院議員を中心に落ち着かなくなり、様々な動きが出てくるだろう。

ただ、そんな時にそれらをまとめ、引っ張っていけるだけの求心力がある、理論・理念がしっかりした政治家は、自民党の中には見あたらない。

強いて言えば、平沼さんだが、やはり政治を大きく動かそうとすれば、それなりの財力が必要なわけで、平沼さんにバックアップする大物篤志家がついた時には、保守勢力結集のチャンスも巡ってくるかもしれないが…、当面は無理だろう。

来年の参院選で、自民党が惨敗し、谷垣さんの責任論が出て、若手が担うとしても、この流れは変わらない。

国民は、民主党政権下で今まで不透明だった国会運営や法案成立までのプロセスなどを、生中継のように見せられ、情報公開も進んでいくなかで、政治に対する目が肥えた今、もう後戻りは許さない。

来年、自民党を舞台に大きな政界再編劇が見られることになりそうだ。


最後までお読みいただきありがとうございます

少しだけ共感を覚えた方はクリっお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

参考になったという方、再度クリッとお願いします
人気ブログランキングへ

応援してくださる方は最後にクリくりっとお願いします


全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

関連記事

テーマ : 政治のニュース    ジャンル : ニュース





自民党の2010年を予想してみた

Category: 自民党   Tags: 自民党  舛添要一  河野太郎  
今年2010年の自民党がどうなるのか予想してみた。

まず今の自民党の中で、舛添さんが喧(かまびす)しい

ポスト谷垣自民党総裁狙いかと思ったら、政界再編も視野に入れていることを匂わせてきている。

一番のキーマンは、やはりその舛添要一元厚労大臣だと思う。

昨年からの発言を追っていくと、

「仮に私が首相になったら閣僚の7割は民主党から選ぶ。自民党から欲しいのは3割だ」 と語り、
政界再編を視野に入れていることを示唆した。また、鳩山内閣の支持率が急落しているにもかかわらず、
自民党の支持率も一向に上がらぬ現状を嘆き「誤解を恐れずに言うなら、今の自民党には小沢(一郎)さんよりももっとラジカルな(過激な)独裁者が必要。(総選挙で)負けたという危機感がなさ過ぎる」などと党の体たらくに警鐘を鳴らした。

 「政界再編が必要、自らも動く」舛添・前厚労相
舛添氏は「民主党も自民党も同じぐらいバラバラだ。子ども手当は金持ちにばらまくべきでない。ばらまいていいという人とそうでない人で二つの集団を作り、政界再編をしないといけない」と強調した。具体的な再編の時期については「(来年夏の)参院選の前でも起こりうるし、我々として、そういう動きをしないと」と述べ、自ら積極的に動く考えを示唆した。(2009年12月26日12時47分 読売新聞) 

また、その他
「自分がやりたいことのほとんどは小沢さんがやっている。小沢さんよりもっと強力な独裁者が必要だ」

「自民党という名は手あかで汚れていて、それだけは嫌だという拒否政党になっている。自由と民主はまったく相反する概念だ」

「舛添政治カレッジ」と銘打った会合で舛添氏は「わたしたちが中心となって自民党を新しく生まれ変わらせる必要がある」と意気込み、「ここにいる人が次の衆院選に勝つことが政権奪回への早道だ」と強調した。

「破壊者に組織を動かす才能はまずない。今、本当に必要なリーダーは『組織を動かせる創造者』だ」

世襲議員についても「皆んが一流の人物というわけではなく、彼らの多くに共通に見られる問題は、一様に社会経験が乏しいことである。会社経営の経験もサラリーマンの経験もない政治家が、国家経営に携わることそれ自体が無理な話である」

「首相というトップリーダーに求められるのは、国民に明日への希望を与える言葉であり、実行力だ」

「献金問題にからんだ二階俊博氏を選対局長から外すことすら躊躇する古い自民党は『終わった』存在だと断言」

*****政治ブログ***人気ブログランキングへ********

それなりに布石は打ってははいるけど、一番気になるのが政治家の中で尊敬する人物が、野中広務と青木幹雄ということで、このことから理念なき権力志向だけの政治家であることがわかる。

ただその他に自民党の古い体質を変えられる人は、誰がいるのかと見回して見たとき、後は河野太郎しかいない。

舛添が権力志向なのに対し、河野は政策中心であること考えてみると、舛添は今までの自民党体質からは脱却することはできないだろう。

だから唯一期待できるのは河野たけになる。

河野の政治理念を自身のHPの「新しい自民党とは何か」で
「それは、やはりこれまで自由民主党が掲げてきた健全な保守の理念をより明確に追求する政党である。
 我々は、経済を非効率的な政府のくびきから切り離し、公平かつ健全な競争環境の中から生み出される強い産業を背景に、国際的な競争力を高めることにより全ての国民に世界で最高レベルの生活水準を保証することを目指す。そして、健全な競争の前提としていかなる弱者にも安心をもたらす社会保障を実現する。より多くの権限を財源とともにより国民に近いところ、つまり地方政府に移すことにより民主主義を身近なものとする。世界的な平和と安寧を維持するために、応分の負担を厭わず、日本独自の貢献を続ける努力をしなければならない。こうした目標を達成するのが政党としての自由民主党の使命である。
 我々は、以上の理念に基づいて、強い決意の下、自民党改革を断固実現する」


ただ、今年の参院選においては、みんなの党がキャスティングボードを握る事は確実で、そこに河野がいかに絡んでいくかにかかっている。

このように考えてみると、自民党は既に過去の政党になってしまうことだけは確実だろう。





最後までお読みいただきありがとうございます

少しだけ共感を覚えた方はクリっとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

参考になったという方、再度クリッとお願いします
人気ブログランキングへ

応援してくださる方は最後にクリくりっとお願いします


全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

関連記事

テーマ : 政治のニュース    ジャンル : ニュース





日本の象徴的政党・自民党の復活はあるのか?

Category: 自民党   Tags: 自民党  戦後復興  経済大国  自民党の役割  
自民党の迷走ぶりが際立ってきた。

それに伴い、若手も浮き足立つか。

河野太郎の動静が気になるところだ。

「自民:山崎拓、保岡氏は公認せず 参院選比例で方針固める」
「自民・青木幹雄氏、18日に5選出馬を表明」
「自民党:参院選比例、片山虎氏公認へ 「定年制」例外、消防組織票守る狙い」

山崎拓はダメで片山はいい?古い負の体質の自民党が復活か?

これで、メルトダウンして新しく生まれ変われるか!

自民党は良くも悪くも、日本の象徴的な政党であり、戦後から今日までの日本を創ってきた唯一無二の政党である。

日本の戦後、高度経済成長の波に乗り、瓦礫の中から世界第二位の経済大国に上り詰めた原動力は、官と政がタッグを組み、計画経済で日本を世界でも希な速さで復興をさせてきた。

1980年代後半、日本がバブル真っ只中にあった頃、私はアメリカに居住していて、その時に出会ったインド人に「なんで、日本は戦争に負け焼け野原になったのに、こんなに短い間で先進国になれたんだ?」というようなことを聞かれたことを思い出す。

最初は、ありきたりだけど「日本人は勤勉だから」と言ったように思う。

そしたら彼は、かなり興奮気味に「俺たちだって日本人以上に働いているんだ!」と語気を強めて言った。
それに対して何て答えたかはっきりとは忘れたが、「アメリカがかなり援助してくれたから日本は特別なんだ」というような事を言ったような気がする。

本人は納得したかどうかはわからないが、確かに東西冷戦で緊張が高まる中、アメリカは戦略上、対共産主義圏の防波堤としての位置づけで、日本を通じて中国・ソ連に睨みを利かせ、また東南アジアに出て行く上での前線基地の役割などを日本に担わせるためにも、日本の復興が自国の利益になるとの思惑から「人とカネと技術」を日本に注ぎ込んだ、ということも一理あるから、彼に言ったことも、まんざら間違いではないだろう。

日本の急激な戦後復興を考えたとき、朝鮮戦争やベトナム戦争の「戦争景気」も大きな一因であったこともまた事実である。

そのような国際環境下で時代的な恩恵に与る(あずかる)という幸運もあったが、戦後、自民党が果たしてきた役割も忘れてはならないと思う。

*****政治ブログ***人気ブログランキングへ********

バブル崩壊後「グローバルスタンダード」という言葉が飛び交っていた頃、友人がアメリカ人から「日本はなんでこんなに規制が多いんだ」と聞かれ、言葉に詰まったと言っていた。
それを聞いた時に、ある本か何かで読んだことを思い出した。付け足しながら要約すると「日本は狭い国土に1億2千万人も住んでいて、その中で多くの人に富を分配するさせる必要があった。例えば、生産者から消費者に野菜が届くにも、問屋や卸業者・中卸、小売業者など何人も介在させながら皆で分配するという、日本独自の商習慣・流通システムが作り上げられてきた。大企業なら『系列』ということになる。だから再配分システムとも言うべき規制が必要なのではないか」というものだ。

池田勇人の「所得倍増計画」や田中角栄の「日本列島改造論」など、戦後自民党歴代総理達が打ち出した様々な政策が、自由主義国圏を維持しながら、日本を世界第二位の経済大国まで押し上げたのはまぎれもない事実である。
そうして得た富を公共事業などで地方に再配分して、自民党政権を存続させてきたとも言える。

不景気だとは言いながらも、大半の日本人は餓死することもなく、好きな映画を観たり音楽を聴いたり、世界中へ旅行ができたり、歴史的な芸術品を日本で鑑賞できたり、ネットしたりゲームで遊んだり、最新技術の家電に触れることができるのも(ここまできたら言い過ぎか?)戦後の復興を後押ししてきた官僚と自民党政治に寄るところが大きいし、一党独裁の共産主義国家に日本がならなかったことも自民党のお陰とも言えるだろう。

今は味噌糞に自民党を罵倒はしているが、自民党が果たしてきた歴史的役割やその価値は、大いに評価できるものである。

真の二大政党制をつくる為にも、負の遺産から抜け出し、昔のパワフルな自民党に復活してもらいたい。


最後までお読みいただきありがとうございます

少しだけ共感を覚えた方はクリっとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

参考になったという方、再度クリッとお願いします
人気ブログランキングへ

応援してくださる方は最後にクリくりっとお願いします


全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

関連記事

テーマ : 政治のニュース    ジャンル : ニュース





「いざとなればいつでも核兵器は作れる」という抑止力は今後も持ち続ける?憲法改正と共に「核保有」が自民党の悲願!

Category: 自民党   Tags: 自民党  核保有  抑止力  日米韓  北朝鮮  
オランダのーグで開かれた「核安全保障サミット」で、米国のオバマ大統領の仲介のもと、日米韓の首脳が同席し、1年10か月ぶり、就任から初めて日韓両首脳が同席することになった。

nikan.jpg

安倍総理が韓国語で挨拶しても、朴槿恵大統領はニコリともせず無視していたのが印象的だった。


続きを読む

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********
関連記事





昔ながらのお金にルーズな自民党「まだやってます!」政治家個人から党に至るまで血税を貪るロートル政党はやっぱりいらない!

Category: 政治   Tags: 自民党  安倍政権  政策活動費  
小渕優子議員も、「昔ながらの自民党」を具現化したようなロートル秘書によって引き摺り下ろされた格好になった。

下仁田ネギだのベビー服だの、「SMクラブ」などは以ての外だが、1円たりとも税金が入ったお金を無駄に使うことは許されない。

政策活動費
NUNTER』より
ネットでは既に話題になっているが、完全にブラックボックスになっている、懐に入れようが裏金に使おうが何に使っても報告義務はなく領収書一枚で済むという自民党の「政策活動費」である。


続きを読む

*****人気ブログランキングへ*** にほんブログ村 政治ブログへ********
関連記事





ama
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日米地位協定
日米地位協定
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
検証 米秘密指定報告書「ケーススタディ沖縄返還」
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
公文書問題 日本の「闇」の核心
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
スノーデン 監視大国 日本を語る
スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた
知ってはいけない2 日本の主権はこうして失われた (講談社現代新書)
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか
機密費外交 なぜ日中戦争は避けられなかったのか (講談社現代新書)
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
ストライキしたら逮捕されまくったけどそれってどうなの?(労働組合なのに…)
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
歪む社会 歴史修正主義の台頭と虚妄の愛国に抗う
「アベ友」トンデモ列伝
「アベ友」トンデモ列伝
安倍「4項目」改憲の建前と本音
安倍「4項目」改憲の建前と本音
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
Page Selector
TOTAL Pages 2
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
亡国の移民政策~外国人労働者受入れ拡大で日本が消える~
知りたくないではすまされない
ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
知りたくないではすまされない ニュースの裏側を見抜くためにこれだけは学んでおきたいこと
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
私が総理大臣ならこうする 日本と世界の新世紀ビジョン
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
解剖 加計学園問題――〈政〉の変質を問う
安倍政治 100のファクトチェック
安倍政治 100のファクトチェック (集英社新書)
改訂版 全共闘以後
改訂版 全共闘以後
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
情報公開讃歌 (知る権利ネットワーク関西30年史)
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
ヤクザと東京五輪2020: 巨大利権と暴力の抗争
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団
対米自立
対米自立
rakuad2
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体
自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書)
rakuad03
Black Box
Black Box
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
スポンサードリンク3
 
 
注目ブログ
 
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト