日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




「まるで個人的な恨みでもあるのだろうかと首を傾げたくなる」新聞の小沢報道で(ウォルフレン論文より)「マスコミ&日米関係」編

Category: ウォルフレン   Tags: カレル・ヴァン・ウォルフレン  マスコミ問題  日米関係  
≪「日本政治再生を巡る権力闘争の謎」(カレル・ヴァン・ウォルフレン)中央公論≫から「マスコミ&日米関係」編

相変わらずマスメディアは低劣なスキャンダル的報道に徹していて、本来のメディアとしての機能を果たしていない。
ウォルフレン氏も小沢報道について「大新聞の見出しを追っていると、各紙の論調はまるで、小沢が人殺しでもしたあげく、有罪判決を逃れようとしてでもいるかのように責め立てている」と書いている。検察の暴走を監視するはずのマスメディアが免疫システムの一つだとするウォルフレン氏の分析は、検察とマスコミ、時の権力機構や政府などの関係性などを整理させてくれた。

また「日米関係」について「第二次世界大戦後の占領期、アメリカは日本を実質的な保護国(注:他国の主権によって保護を受ける、国際法上の半主権国)とし、以後、一貫して日本をそのように扱い続けた」として、日本はま未だにアメリカの保護下にあり、二国間としての正式な関係にはなっていないと分析している。鳩山政権で、初めて関係性を"二国間"として属国でない交渉をしようとしていて、そこには日米のこれまた免疫システムが働き、妨害工作が行われていることも指摘している。

氏の論文の中から「マスコミ」と「日米関係」についてピックアップさせていただいた。

「マスコミ」編

≪日本の新聞は、筆者の知る世界のいかなるメディアにも増して、現在何が起こりつつあるかについて、きわめて均質な解釈を行う。そしてその論評内容は各紙互いに非常によく似通っている。かくして、こうした新聞を購読する人々に、比較的大きな影響を及ぼすことになり、それが人々の心理に植えつけられるという形で、政治的現実が生まれるのである。このように、日本の新聞は、国内権力というダイナミクスを監視する立場にあるのではなく、むしろその中に参加する当事者となっている。有力新聞なら、いともたやすく現在の政権を倒すことができる。彼らが所属する世界の既存の秩序を維持することが、あたかも神聖なる最優先課題ででもあるかのように扱う、そうした新聞社の幹部編集者の思考は、高級官僚のそれとほとんど変わらない。

日本の政治がきわめて重要な変化の時を迎えたいま、新聞が信頼できる監視者の立場に就こうとしないのは、非常に残念なことだ。これまで日本のメディアが新しい政府について何を報道してきたかといえば、誰の役にも立ちはせぬありふれたスキャンダルばかりで、日本人すべての未来にとって何が重要か、という肝心な視点が欠落していたのではないか。

つい最近、筆者が目にした日本の主だった新聞の社説も、たとえ証拠が不十分だったとしても小沢が無実であるという意味ではない、と言わんばかりの論調で書かれていた。これを読むとまるで個人的な恨みでもあるのだろうかと首を傾げたくなる。日本の未来に弊害をもたらしかねぬ論議を繰り広げるメディアは、ヒステリックと称すべき様相を呈している。

日本のメディアは自由な立場にある。しかし真の主権国家の中に、より健全な民主主義をはぐくもうとするならば、日本のメディアは現在のようにスキャンダルを追いかけ、果てはそれを生み出すことに血道を上げるのを止め、国内と国際政治の良識ある観察者とならなければならない。そして自らに備わる力の正しい用い方を習得すべきである。さらに政治改革を求め、選挙で一票を投じた日本の市民は、一歩退いて、いま起こりつつあることは一体何であるのかをよく理解し、メディアにも正しい認識に基づいた報道をするよう求めるべきなのである。≫

*****政治ブログ***人気ブログランキングへ*****

「日米関係」編

≪鳩山が対米外交において失策を重ねていると批判する人々は、ことアメリカとの関係においては正常な外交というものが存在しない事実を見過ごしにしている。なぜならアメリカはこれまでも日本を、外交には不可欠な前提条件であるはずの真の主権国家だとは見なしてこなかったからである。そして日本は最後にはアメリカの望み通りに従うと、当然視されるようになってしまったのだ。鳩山政権は、これまで自民党が一度として直視しようとはしなかったこの現実に取り組む必要がある。
 
 誰もがアメリカと日本は同盟関係にあると、当然のように口にする。しかし同盟関係の概念が正しく理解されているかどうかは疑わしい。同盟関係とは、二国もしくはそれ以上の独立国家が自主的に手を結ぶ関係である。ところがアメリカとの同盟関係なるものが生じた当時の日本には、それ以外の選択肢はなかった。第二次世界大戦後の占領期、アメリカは日本を実質的な保護国(注:他国の主権によって保護を受ける、国際法上の半主権国)とし、以後、一貫して日本をそのように扱い続けた。また最近ではアメリカは日本に他国での軍事支援活動に加わるよう要請している。実質的な保護国であることで、日本が多大な恩恵を被ったことは事実だ。日本が急速に貿易大国へと成長することができたのも、アメリカの戦略や外交上の保護下にあったからだ。

だが問題は厄介さを増しつつある。なぜなら今日のアメリカは戦闘的な国家主義者たちによって牛耳られるようになってしまったからだ。アメリカが、中国を封じ込めるための軍事包囲網の増強を含め、新しい世界の現実に対処するための計画を推進していることは、歴然としている。そしてその計画の一翼を担う存在として、アメリカは日本をあてにしているのである。
 
 かくしてアメリカにとって沖縄に米軍基地があることは重要であり、そのことにアメリカ政府はこだわるのである。しかしアメリカという軍事帝国を維持するために、それほどの土地と金を提供しなければならない理由が日本側にあるだろうか? 日本の人々の心に染み付いた、アメリカが日本を守ってくれなくなったらどうなる、という恐怖心は、一九八九年以来、一変してしまった世界の状況から考えて、ナイーブな思考だとしか評しようがない


まったく取るに足らない些細な出来事が、何か強大なものを動揺させるとすれば、それはそこに脅しという権力がからんでいるからだ。アメリカが日本に対して権力を振るうことができるとすれば、それは多くの日本人がアメリカに脅されているからだ。彼らは日本が身ぐるみはがれて、将来、敵対国に対してなすすべもなく見捨てられるのではないか、と恐れているのだ。
 
 そして日本の検察は、メディアを使って野心的な政治家に脅しをかけることで、よりよい民主国家を目指す日本の歩みを頓挫させかねない力を持っている。
 
 この両者は、日本の利益を考えれば、大いなる不幸と称するよりない方向性を目指し、結託している。なぜなら日本を、官僚ではなく、あるいは正当な権力を強奪する者でもない、国民の、国民による、そして国民のための完全なる主権国家にすべく、あらゆる政党の良識ある政治家たちが力を合わせなければならない、いまというこの重大な時に、検察はただ利己的な、自己中心的な利益のみを追求しているからである。そしてその利益とは、健全な国家政治はどうあるべきか、などということについては一顧だにせず、ただ旧態依然とした体制を厳格に維持することに他ならないのである。

ところで、前述のクリントンとゲーツが日本に与えたメッセージの内容にも、姿勢にも、日本人を威嚇しようとする意図があらわれていた。しかし鳩山政権にとっては、アメリカの脅しに屈しないことが、きわめて重要である。日本に有利に問題を解決するには、しばらくの間は問題を放置してあえて何もせず、それよりも将来の日米関係という基本的な論議を重ねていくことを優先させるべきである。
 
 アメリカがこの問題について、相当の譲歩をせず、また日米両国が共に問題について真剣に熟考しないうちは、たとえ日本が五月と定められた期限内に決着をつけることができなかったとしても、日本に不利なことは何ひとつ起こりはしない。≫

このことからもわかるとおり、「対米従属外交」というよりは宗主国に対しての「対米隷属外交」だったことがわかる。これを転換し「普通の二国間関係」にしていくためには、鳩山政権は、一旦日米関係を白紙に戻すというよりも、断ち切る、くらいの決意が必要である。日本がアメリカを必要としているのではなく、アメリカが日本をより必要としていることも指摘を受けて初めてわかるもので、今までのようにアメリカの顔色を覗うことも全くないし、普天間移転についても、「しばらく放置」して真剣に二国間の関係を見直していけば、マスコミは狂ったように爆音を鳴らすだろうが、国民はそのことの意味がわかれば、納得するはずである。

マスコミや一部抵抗勢力が思っているほど全ての国民がバカではない。


最後までお読みいただきありがとうございます

少しだけ共感を覚えた方はクリっとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

参考になったという方、再度クリッとお願いします
人気ブログランキングへ

応援してくださる方は最後にクリくりっとお願いします


全くその通りと思えた方は拍手をお願いします

関連記事

テーマ : マスコミ    ジャンル : 政治・経済





トランプ革命の始動 覇権の再編
トランプ革命の始動  覇権の再編
決定版! 「都市伝説」大全 超タブーDX
決定版! 「都市伝説」大全 超タブーDX
アウトサイドで生きている
アウトサイドで生きている
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
TOTAL Pages 1
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
保育園問題 - 待機児童、保育士不足、建設反対運動
保育園問題 - 待機児童、保育士不足、建設反対運動 (中公新書 2429)
原発より危険な六ヶ所再処理工場
原発より危険な六ヶ所再処理工場
スマホ廃人
スマホ廃人 (文春新書 1126)
トランプドルの衝撃 新生アメリカはロシアとの白人同盟を目指す
トランプドルの衝撃 新生アメリカはロシアとの白人同盟を目指す
定年後 - 50歳からの生き方、終わり方
定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)
日本共産党 思想と正体
日本共産党 思想と正体 (別冊宝島 2573)
不寛容社会 - 「腹立つ日本人」の研究 -
不寛容社会 - 「腹立つ日本人」の研究 - (ワニブックスPLUS新書)
天皇125代 皇位継承の智恵
天皇125代 皇位継承の智恵 (別冊宝島 2569)
50代から本気で遊べば人生は愉しくなる
50代から本気で遊べば人生は愉しくなる (SB新書)
rakuad2
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
安倍でもわかる保守思想入門
安倍でもわかる保守思想入門
グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏
グローバル・ジャーナリズム――国際スクープの舞台裏 (岩波新書)
国際テロリズム:その戦術と実態から抑止まで
国際テロリズム:その戦術と実態から抑止まで
日本とフランス「官僚国家」の戦後史
日本とフランス「官僚国家」の戦後史 (NHKブックス)
徹底追及 築地市場の豊洲移転―崩された「食の安全・安心」
徹底追及 築地市場の豊洲移転―崩された「食の安全・安心」
孤独死大国 予備軍1000万人時代野のリアル
孤独死大国 予備軍1000万人時代野のリアル
rakuad03
自発的対米従属 知られざる「ワシントン拡声器」
自発的対米従属 知られざる「ワシントン拡声器」 (角川新書)
ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年: 増補改訂版
ゴーマニズム宣言SPECIAL 天皇論 平成29年: 増補改訂版
ポピュリズムと欧州動乱 フランスはEU崩壊の引き金を引くのか
ポピュリズムと欧州動乱 フランスはEU崩壊の引き金を引くのか (講談社+α新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
MI6対KGB 英露インテリジェンス抗争秘史・・・ レム・クラシリニコフ (著), 佐藤 優 (翻訳), 松澤 一直 (翻訳) 東京堂出版 (2017/4/26発売予定)
MI6対KGB 英露インテリジェンス抗争秘史
日本はなぜ原発を拒めないのか──国家の闇へ・・・ 山岡 淳一郎 (著) 青灯社 (2017/4/26発売予定)

日本はなぜ原発を拒めないのか──国家の闇へ
本当は怖い! 成年後見 成年後見人には気をつけろ!・・・ 仲島 幹朗 (著) 文芸社 (2017/5/1発売予定)
外交官が読み解くトランプ以後(祥伝社新書)・・・ 高岡 望 (著) 祥伝社 (2017/5/1発売予定)
私の仕事 国連難民高等弁務官の十年と平和の構築 (朝日文庫)・・・ 緒方貞子 (著) 朝日新聞出版 (2017/5/8発売予定)
私の仕事 国連難民高等弁務官の十年と平和の構築 (朝日文庫)
ドキュメント 日本会議 (ちくま新書)・・・ 藤生 明 (著) 筑摩書房 (2017/5/9発売予定)
スパイの血脈――父子はなぜアメリカを売ったのか?・・・ ブライアン・デンソン (著), 国弘喜美代 (翻訳) 早川書房 (2017/5/9発売予定)
スパイの血脈――父子はなぜアメリカを売ったのか?
降り積もる光の粒 (文春文庫)・・・ 角田 光代 (著) 文藝春秋 (2017/5/10発売予定)
芸能界「宗教と信仰」事件史 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/5/11発売予定)
さらば、民主主義 憲法と日本社会を問いなおす (朝日新書)・・・ 佐伯啓思 (著) 朝日新聞出版 (2017/5/12発売予定)
偽装死で別の人生を生きる・・・ エリザベス・グリーンウッド (著), 赤根 洋子 (翻訳) 文藝春秋 (2017/5/15発売予定)
偽装死で別の人生を生きる
ドローン・ウォーズ・・・ 船瀬俊介 (著) イースト・プレス (2017/5/15発売予定)
金正恩 荒ぶる3代目の正体 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/5/15発売予定)
反戦後論・・・ 浜崎 洋介 (著) 文藝春秋 (2017/5/15発売予定)
反戦後論
政治を動かすメディア・・・ 芹川 洋一 (著), 佐々木 毅 (著) 東京大学出版会 (2017/5/15発売予定)
政治を動かすメディア
うつ病休職 (新潮新書)・・・ 中嶋 聡 (著) 新潮社 (2017/5/16発売予定)
世川行介放浪日記 貧乏歌舞伎町篇・・・ 世川行介 (著) 彩雲出版 (2017/5/16発売予定)
世川行介放浪日記 貧乏歌舞伎町篇
PC遠隔操作事件・・・ 神保 哲生 (著) 光文社 (2017/5/17発売予定)
歯は治療してはいけない! あなたの人生を変える歯の新常識 (講談社+α新書)・・・ 田北 行宏 (著) 講談社 (2017/5/19発売予定)
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)・・・ 高山 佳奈子 (著) 岩波書店 (2017/5/20発売予定)
偽りの経済政策――格差と停滞のアベノミクス (岩波新書)・・・ 服部 茂幸 (著) 岩波書店 (2017/5/20発売予定)
1985-1991 東京バブルの正体 (MM新書)・・・ 昼間たかし (著) マイクロマガジン社 (2017/5/23発売予定)
1985-1991 東京バブルの正体 (MM新書)
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件・・・ 佐高 信 (編集) 七つ森書館 (2017/5/23発売予定)
トランプ政権を操る[黒い人脈]図鑑・・・ ベンジャミン・フルフォード (著) 扶桑社 (2017/5/24発売予定)
トランプ政権を操る[黒い人脈]図鑑
隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働・・・ ルトガー・ブレグマン (著), 野中 香方子 (翻訳) 文藝春秋 (2017/5/25発売予定)
隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働
日本中枢の狂謀・・・ 古賀 茂明 (著) 講談社 (2017/5/30発売予定)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト