日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




保守勢力からの「脱原発は正しい」という「歴史的転換点」を革新側(宇都宮陣営)が「大局観」に立てず今回の分裂を招いた!

Category: 政治   Tags: 河合弘之弁護士  都知事選  細川護熙  宇都宮健児  脱原発  都知事選候補に統一を呼びかける会  
驚いた!「脱原発 都知事選候補に統一を呼びかける会」の記者会見で、「一本化」の回答が両陣営からきて「できない」との予想通りの結果だったという。

この会見の中で河合弘之弁護士の発言で一瞬耳を疑った。会見が行われる1時間前に次のように自ツイートしていた。会見で河合弘之弁護士が会見で次のように言った。「大局観の無い脱原発運動が今回の分裂を招いた」と…。

*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


まあ、予想通りの結果で表現する言葉も似てくるのかもしれないが、細川、宇都宮両陣営とも「今さら一本化はできないよ」ということだ。

この会見で、その他の河合弁護士の発言を聞いて、いろいろな事が整理されたと同時に、個人的にだが都知事選において「今まで自分が考え感じてきた事は間違いではなかった」ということを実感できた。

河合弁護士が「なぜ細川氏を推している」かに通ずることだが、同時にその発言の中に、今までの脱原発運動の問題点なども浮き彫りになった。

kawai.jpg 河合弘之弁護士

前置きが長くなったが、河合氏は次のように語っている。(要約&メモ)


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********

宇都宮・細川両陣営が回答でも上げている、今までの過程とか細かい事情とかで一本化できない理由をというのは、近くにいる人にしかわからない事で、遠くから見れば「変な事とをやっているなあ」と思われる。

なぜ脱原発を望む両陣営が一本化できないかというのは、真面目に真摯に脱原発活動してきた人には理解されない。未だに地方で地道に脱原発活動をしてきた人たちに「どうして一本化できないのか」と言われる。
脱原発派とっては千歳一隅のチャンスが天から降ってきたのに、いざ目の前にすると勝つことを忘れた闘争者のように不統一な運動を展開する人達がいる。

根本は、保守政治家の中から脱原発という人が出てきた歴史的転換点をキチンととらえるべきだという事。

大局観の無い脱原発運動が今回の分裂を招いた。
40年続いてきた脱原発運動と違うのは、保守勢力が脱原発は正しいんだといってきた「歴史転換点に今はある」ということ。
左翼や人権派は、歴史に学ぶことなく自分たちの政治行動の正当を考え優先した結果で、この場面では本当に脱原発を純粋に考えることが重要だった。

これからは、どういうアピールをするかは、最も勝ちそうな脱原発候補に投票してくれと呼びかける。
私も20年原発運動をやってきて、今でも日本全国で原発訴訟をやっている。宇都宮陣営の海渡弁護士とは、昔からの知り合いで一緒に戦っている。
彼との違いは、「脱原発は正しい」という良心的保守の人に対して、どのように歴史の中で捉えるかの見解が違うだけで、脱原発を願う事には違いはない。



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********

まさに河合弁護士も「大局観」(物事の全体的な状況や成り行きに対する見方・判断)が重要で、今回はその違いだということを言っていた。

この会見をライブで見ながらしたツイートしたものを、少しダブるが貼っておく。

河合弁護士:脱原発派とっては千歳一隅のチャンスが天から降ってきたのに、いざ目の前にすると勝つことを忘れた闘争者のように不統一な運動を展開する人達がいる。 重要なのは保守政治家の中から脱原発という人が出てきたという歴史的転換点にある認識。

河合弁護士:大局観の無い脱原発運動が今回の分裂を招いた。40年続いた反原発運動で、今回、保守勢力から「脱原発は正しいんだ」といってきた歴史転換点にある事がいかに重要なのか、左翼や人権派と呼ばれてきた人達は歴史に学んでない。

河合弁護士:雇用、福祉、特区、TPPなど宇都宮氏は重要課題があるというが、それと「脱原発」と同列に論じるのは間違い。中部電力が浜岡原発の再稼働の申請をしたが南海トラフで地震が起きれば貧困の格差とか福祉などと言っている場合ではなくなる。

河合弁護士:宇都宮さんは脱原発を3番目か4番目に掲げ他の課題があるというが、今の福島の現況を見れば大事故が起これば老人の福祉とか雇用・教育などと言ってられないくなるのがわかる。細川さんは脱原発を最重要課題と位置付ける。優先順位の違い。



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


たぶん、宇都宮支持者も本心では分かっているだろうが、どうして脱原発の千歳一隅のチャンスに「小異を捨てて大同に就く」事ができないのだろうか。

結論的に言えば、本ブログでも散々に批判してきたが、共産党が諸悪の根源なのである。

いかに思想信条、政党、人間関係が邪魔をしているかは、昨年の衆院選、参院選を経験してきて「実体験」している身にとってはよくわかることだ。

余談だが関連として、未だに先の参院選で、私が生活の党を支持してたのに「三宅洋平に投票したような奴は信じられん、などと言っている輩もいる。しかし、その後、お会いした方が、「いま考えれば(管理人が言ってたように)私も三宅洋平に投票すればよかった」と言ってくれた方が出てきて嬉しかった。

その答えとして、ニコニコ動画の七尾記者が次のような質問をした。

≪政党にとって脱原発というのは組織強化の一環であり、党利党略が一本化の障害になったのか?≫


さに共産党を揶揄した質問である。

これに対して河合弁護士は次のように答えている。

≪原発運動は、あくまでも市民が中心となって進んできたもので、政党は後からついてきたものだ。≫


七尾氏がより突っ込んで次のように聞いた。

≪保守から脱原発の声が上がって革新に歩み寄ったが、革新から保守に歩み寄ることは無いのか?また「大江健三郎さんがなぜ表に出てないんだ」という声を聞くが、例えば小泉・大江会談はありえるのではないか?むしろ選挙期間中にやるべきでは?≫


この質問に対して再び河合弁護士が次のように答えている。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********

≪小泉さんや細川さんが良心的な保守政治家として真摯に脱原発に舵をきった。小異を捨て大同に就いた。
革新側は「小泉さんは新自由主義で格差を拡大した」と批判したが、昔のことをあげつらえば、細川さんも菅さんも日本共産党も原子力の平和利用など「安全な原発」には賛成していたのではないか。
今は将来に向かってモノゴトを考えるべき時で、誤解を覚悟で言えば、「新自由主義者」でさえも脱原発をいいだしたということがスゴイことだと…、そういう大きな捉え方をすべきだと思っている。
貧困、雇用、福祉、特区、TPPなど重要な課題がいっぱいあると(宇都宮氏は)いうが、原発問題と同列に論じるのは間違いだと思っている。
中部電力が浜岡原発の再稼働の申請をしたというニュースが流れているが、仮に浜岡原発が再稼働した後に南海トラフ地震が起きて偏西風?なんかで東京が放射能に襲われたとしたら、もう、貧困だ格差だとか言っている場合ではなくなる。
若者の雇用も勿論深刻だが…。
宇都宮さんは「脱原発」を3番目か4番目に掲げているが、今の福島の現状はどうですか?
浪江町や双葉町で老人はどうなったのか、介護だ福祉だといっても事故が起きれば吹っ飛んでしまう。学校に行けなくなり学生が離散して教育どころではない。
重大事故が起これば、そういう問題などは論じられなくなる。
重要性、優先順位の違いであり、細川さんは「脱原発」を最重要課題と掲げているが、宇都宮さんは他にもっと重要なものがあるという。≫



*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


再び、声を大にして言うが、「同調圧力」に屈することなく、「予定調和」をぶち壊し、その場の「空気」に流されないためには、まず自分の頭でじっくり考えることが肝要である。

あの人が「ああいっているから」とか、「この人について行けば間違いない」とかに流され、自分で考えようともしなくなり、ただただ受動的に着いていく、というのでは、マスコミに洗脳された衆遇の民と同じである。

周りの人と違うことに対して「自分はこう考える」と説明できると同時に、日本人には特に難しい他と違う事への「勇気を持つこと」だと思う。

自分がこういえば、今のコミュニティからハブにされ嫌われるとか、ちょうど今のイジメの問題で、自分も一緒にイジメなければ今度は自分がやられるという恐怖により自らの考えを捨てて同調するのと同じである。

細川さんの応援演説で小泉元首相が繰り返し言っている事を、要約しつつ、くどいとは思うが貼っておく。


*****にほんブログ村 政治ブログへ***人気ブログランキングへ********


日本では原子力の平和利用ということで原発が建設されて60年が経過した。

その間、米国で30年前にスリーマイル島の原発事故があり、その後、ソ連でチェルノブイリの大事故が起きたが、「あれはアメリカの出来事だ」、「ソ連の出来事」で日本は大丈夫だと言い続けてきた。

原発は安全で安価だとずっと騙され続けてきた。

311の原発事故でいろいろ調べ、オンカロにも行って、このまま原発がある日本の将来に、子供たちの未来に禍根を残すと思って、二人の老人が立ち上がった。

細川さんも私も70を過ぎて、もう、いつ死んでもいい歳だ。

どうせ死ぬんだったら、次の世代に原発の無い安全な社会を残すことをしよう、少年を大志を抱けと言ったが、老人だって大きな志をもってもいい。

「原発ゼロ」実現可能な夢であり、やればできる夢だ。

やればできる原発無しの世界

この「脱原発」の運動は原発ゼロになるまで続く。



大きな転換期に来ている時に貴重な一票を。

細川さんなら「原発ゼロ」に大胆に成し遂げられるし、自然の生態系を大事にできる。あらたな世界の模範となるような自然エネルギーを重視した社会を構築し、東京オリンピック、パラリンピックを「原発ゼロ」で成し遂げ、「原発ゼロ」を東京から世界に発信し実現することができる。

最後に日刊ゲンダイで書いていた事が現実となる可能性がある。

≪宇都宮支援の共産党は、いまや「『勝つ』ことより、政党の支持拡大が目的」と皮肉られている。
舛添勝利は、より一層の安倍暴政へのGOサインになってしまうのに、それでいいのか。≫


もしそうなったら、共産党に対する批判は日本全体に広がり、99歳の現役ジャーナリストである、むのたけじ氏が言っていたように「崩壊する」だろう。

「大局観」と同時に、「想像力」の問題だという事がわかる。

共産党を中心に細川支持者の「引きはがし」が度を強めているという。

よく「そういう過激な事をいうと、宇都宮陣営から細川さんに乗り換えようとしている人たちも引いてしまう」と書いている人たちがいるが、工作であり書かせない事が狙いであるということもあり得る事は頭に入れておいた方がいい。

細川支持者には、純粋に「原発ゼロ」を願い、今がその千歳一隅のチャンスであることを認識して、小泉は大嫌いだが目を瞑って細川支援に回っている、という方が少なからずいる。まあ、人が良い人だ。

だから、相手は過去の細川さんや小泉さんのモノを蒸し返したり、特区のことを過大に言ってくる事は「引きはがし作戦」の一つであり、頭の片隅に入れておく必要はある。

騙されてはいけない!

参院選でも衆院選でも見てきたように、共産とにとっては「脱原発」よりも党勢拡大が最優先であり、彼らは最初から対舛添候補というよりも細川・小泉両元首相批判に明け暮れていたのは事実である。

今は、宇都宮氏を当選させる事よりも、細川氏よりも得票を延ばす事に汲々としているのではないだろうか。


最後までお読みいただきありがとうございます

強権政治の横暴を許さないと思う方はクリっとお願いします


官僚主導政治、役人天国から真の国民主権国家をあくまでも希求していくという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

応援してくださる方は、拍手をお願いします



「広告」



橋下徹大阪市長の辞任については前回の記事でも触れましたが、 これに伴い大阪市では様々な所に影響が出ています。 私は選挙の執行にかかる費用より、 選挙の執行に伴って各所に起こる影響の方をより問題にすべきだと思うのですが。 橋下徹市長の辞職表明を受け、大阪市役所では職員らが今後の対応に追われた。 市選管は「3月2日告示、16日投開票」「9日告示、23日投開票」の3月選挙を想定し、 ...

Comments

今日の田中龍作ジャーナルをよく読むべき。この弁護士の言っていること「だけ」が絶対的に正しい見方とは限らないことがよく理解できるはずだ。申し訳ないが「福祉なんて誰がやっても同じ」なんて連呼しているようでは、現状知らなさすぎを露呈するだけでこうした方たちの気持ちを掴むことも、声を汲み取ることも不可能だろう。それぐらい細川氏にはギャップを感じてしまう。
細川さんはイデオロギーを越えられた
これは脱原にとって非常に大きい
共産ではイデオロギーを越えられない
共産が中央から右の人を説得しても反発されるだけ
昨日の報ステでタモさんと宇都宮さんがちょっと
言い合いになったけど、タモさんは鼻から宇都宮さんに拒否反応示していて
あれではやっぱり駄目だと、日本を変えられないと思いましたね
細川さんがタモさんを説得したらだいぶ違う
脱原発
東京都知事選挙当日「脱原発」原発ゼロ派は緑スカーフや緑ラベルを付けて投票時間とか覚えて置けば良いかしらと思ってます。
素朴なギモン
こういう内容のブログ書いて結局何がしたいのかしら??

ずっと前からこんな調子だけど

もし細川氏への一本化に成功しても

宇都宮支持だった人がこの記事(ってか前のも同じ)読んだら嫌気がさして細川氏には入れないんじゃないかしら。

一本化一本化と口ではいいつつまったく逆効果のことをやってるっていうのは

それこそ目先のことしか見えておらず、「大局観」が欠けているということになるのでは?

ま、無駄なアドバイスなんでしょうけど。
お金持ちの老人にゃ理解できないでしょうけど、貧乏人にとっちゃ、脱原発に必要性は否定しないにしろ、雇用、福祉、特区、TPPよりも優先順位が高くなることは絶対にないんですよ。
貧困にさらされて苦難と絶望のうちに放射能の影響で死ぬよりは、それなりに生活水準が上がった状態で、放射能の影響で死ぬほうがずっとマシでしょ?そういうことですよ。
ま、お金持ちの老人にゃわからないんでしょうけどねぇ。
雇用、福祉、特区、TPPの重要度を徹底的に蔑ろにしたことで、「脱原発」の旗印は若者からはより一層嫌悪と軽蔑の目にさらされることになるでしょう。安倍政権と関係なく、惨めなほど退潮しますよ。賭けてもいい。
ま、お金持ちの老人にゃ絶対理解できないんでしょうねぇ。
本当の大局観の持ち主なら、この時期に特定の相手を罵ったりしません。選挙後にこの深刻な亀裂をどう修復し、脱原発運動を進めるか、を真剣に考えるでしょう。

この選挙が終われば脱原発運動はハイオシマイと考えるなら別ですけどね。
ここで終わらせない為にももっとおおきな視点で物事をふかんしてみてはどうでしょう。
敵をも味方につけて風穴をあけて、その先に大風がふくのでは? 負けるが勝ちと昔からいいますね。
レッテル貼り
こう言う記事をレッテル貼りって言うんだよね?
弁護士さんもベクトル違う事を認識して発言して欲しいなあ。
頬かむり
共産党は知りませんが、告示前に一本化を拒否したのは細川陣営でしょ?宇都宮さんは「絶対に降りない」などとは言わずに慎重な言い回しをしていました。宇都宮さんは相手もよく知らないうちから降りる云々はおかしい、まずは公の場で互いの政策についてよく討論すべきだ、降りるかどうかはそれから考える話だ、と言っていましたよね。私はよく覚えています。これこそ正論じゃありませんか。細川陣営はそれを拒否したんですよ。「革新なんかと一本化なんてしなくても勝てる」むしろ「革新に近づくと票が減る」と踏んでいたとしか思えませんが。宇都宮さんを批判する方々はなぜそのことにダンマリなのでしょう。都合の悪い事実には頬かむり、ということでしょうか。不可解でなりません。この奇妙奇天烈なダンマリからすると、この機を宇都宮さんや共産党を叩く好機としようと考えているのではないか、とも思えてきます。

Leave a Comment

CIAの秘密戦争――変貌する巨大情報機関
(激トーク・オン・ディマンド vol. 11)
CIAの秘密戦争――変貌する巨大情報機関 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)
日本の「黒幕」100の名言
日本の「黒幕」100の名言
震災ジャンキー
震災ジャンキー
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか
文庫 最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか (草思社文庫)
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点
ネット右翼亡国論 桜井誠と廣松渉と佐藤優の接点
「いじめ」や「差別」をなくすためにできること
「いじめ」や「差別」をなくすためにできること (ちくまプリマー新書 283)
核大国ニッポン
核大国ニッポン (小学館新書 つ 3-1)
マフィア国家――メキシコ麻薬戦争を生き抜く人々
マフィア国家――メキシコ麻薬戦争を生き抜く人々
フリーメイソン 秘密結社の社会学
フリーメイソン 秘密結社の社会学 (小学館新書 315)
人はどうして犯罪に走るのか 『犯罪学』第5版の概略と解説
人はどうして犯罪に走るのか 『犯罪学』第5版の概略と解説
「高齢者差別」この愚かな社会
「高齢者差別」この愚かな社会 (詩想社新書)
激論!安倍崩壊
激論!安倍崩壊
ブラック・フラッグス(上):「イスラム国」台頭の軌跡
ブラック・フラッグス(上):「イスラム国」台頭の軌跡
rakuad2
昭和・平成 日本の凶悪犯罪100
昭和・平成 日本の凶悪犯罪100
世川行介放浪日記 愛欲上野篇
世川行介放浪日記 愛欲上野篇
日本の裏社会 闇の職業図鑑
日本の裏社会 闇の職業図鑑
縮小ニッポンの衝撃
縮小ニッポンの衝撃 (講談社現代新書)
rakuad03
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
物言えぬ恐怖の時代がやってくる 共謀罪とメディア
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
徹底解剖 安倍友学園のアッキード事件
共謀罪の何が問題か
共謀罪の何が問題か (岩波ブックレット)
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
海の放射能に立ち向かった日本人 ビキニからフクシマへの伝言
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「テロ等準備罪」にだまされるな (「計画罪」は「共謀罪」そのものだ)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
日本会議の研究
日本会議の研究 (扶桑社新書)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
一億総選挙革命
一億総選挙革命 (veggy Books)
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日々坦々twitter
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
Web Translate
Social bookmark
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
[スポンサードリンク] 2
 
 
IWJサポート
 
 
これから出る注目本
(予約可)
犯罪「事前」捜査 ネットが生んだ手法とそれを支える民間企業 (角川新書)・・・ 一田和樹 (著), 江添 佳代子 (著) KADOKAWA (2017/8/10発売予定)
リベラルという病・・・ 山口 真由 (著) 新潮社 (2017/8/10発売予定)
沖縄と国家 (角川新書)・・・ 辺見 庸 (著), 目取真 俊 (著) KADOKAWA (2017/8/10発売予定)
知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)・・・ 矢部 宏治 (著) 講談社 (2017/8/17発売予定)
知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)
ニッポンの奇祭 (講談社現代新書)・・・ 小林 紀晴 (著) 講談社 (2017/8/17発売予定)
炎上する世界経済 日本人だけが知らない国際金融の残酷な現実・・・ 鈴木啓功 (著) イースト・プレス (2017/8/18発売予定)
炎上する世界経済 日本人だけが知らない国際金融の残酷な現実
戦略の地政学 ランドパワーVSシーパワー・・・ 秋元 千明 (著) ウェッジ (2017/8/18発売予定)
現代日本の地政学 - 13のリスクと地経学の時代・・・ 日本再建イニシアティブ (著) 中央公論新社 (2017/8/18発売予定)
緊急提言! 刑事再審法改正と国会の責任・・・ 九州再審弁護団連絡会出版委員会 (編集) 日本評論社 (2017/8/18発売予定)
安楽死で死なせて下さい (文春新書)・・・ 橋田 壽賀子 (著) 文藝春秋 (2017/8/18発売予定)
ナチスの「手口」と緊急事態条項 (集英社新書)・・・ 長谷部 恭男 (著), 石田 勇治 (著) 集英社 (2017/8/19発売予定)
ナチスの「手口」と緊急事態条項 (集英社新書)
アジア辺境論 これが日本の生きる道 (集英社新書)・・・ 内田 樹 (著), 姜 尚中 (著) 集英社 (2017/8/19発売予定)
医者が教えない健康ホントの話 (別冊宝島)・・・大型本 宝島社 (2017/8/21発売予定)
ルポ 沖縄 国家の暴力・・・ 阿部 岳 (著) 朝日新聞出版 (2017/8/21発売予定)
ルポ 沖縄 国家の暴力
大惨事と情報隠蔽: 原発事故、大規模リコールから金融崩壊まで・・・ ドミトリ・チェルノフ (著), ディディエ・ソネット (著), 橘明美 (翻訳), 坂田雪子 (翻訳) 草思社 (2017/8/22発売予定)
ジハード主義――アルカイダからイスラーム国へ (岩波現代全書)・・・ 保坂 修司 (著) 岩波書店 (2017/8/24発売予定)
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々 世界に吹き荒れるポピュリズムを支える"真・中間層"の実体・・・ ジョーン・C・ウィリアムズ (著), 山田 美明 (翻訳) 集英社 (2017/8/25発売予定)
アメリカを動かす『ホワイト・ワーキング・クラス』という人々 世界に吹き荒れるポピュリズムを支える
反―寺山修司論 《復刻版》・・・ 永山 則夫 (著) アルファベータブックス; 復刻版 (2017/8/25発売予定)
米中「二大帝国」の戦争はもう始まっている ~アメリカの敗北と中国の野望、そして日本の生きる道~・・・ ベンジャミン・フルフォード (著) かや書房 (2017/8/29発売予定)
池上彰のこれが「世界のルール」だ! (文春文庫)・・・ 池上 彰 (著) 文藝春秋 (2017/9/5発売予定)
ナショナリズムの正体 (文春文庫)・・・ 半藤 一利 (著), 保阪 正康 (著) 文藝春秋 (2017/9/5発売予定)
永久属国論・・・ 山田 順 (著) さくら舎 (2017/9/7発売予定)
永久属国論
「なんとかする」子どもの貧困 (角川新書)・・・ 湯浅 誠 (著) KADOKAWA (2017/9/8発売予定)
ヤクザと介護 暴力団離脱者たちの研究 (角川新書)・・・ 廣末 登 (著) KADOKAWA (2017/9/8発売予定)
 
 
オンライン署名
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
注目ブログ
 
 
「フォーラム4」に賛同します!
F4001.jpg
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
DMM3-2
ブランドバッグ、ドレス、家電レンタル
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
ad-Kindle
 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...