日々坦々

日々の出来事をボヤキつつ、日本が直面している諸問題の根源を追求する




宮城県石巻市指定の避難所で、生存率わずか5% 消えない「なぜ」 募る「どうして」(東京新聞)

Category: 東日本大震災   Tags: 東京新聞    

消えない「なぜ」 募る「どうして」
(東京新聞「こちら特報部」8月9日)

57人中54人死亡 石巻の指定避難所  宮城県石巻市指定の避難所で、生存率わずか5%-。東日本大震災で津波に襲われた同市役所の北上総合支所。そこにいた五十七人のうち五十四人が亡くなり、その中には隣接する吉浜小学校の児童七人ら一歳から十二歳の子ども十一人が含まれていた。なぜ安全なはずの避難所で犠牲にならなければならなかったのか。震災から五カ月たった今も、親たちの疑問は消えない。 (出田阿生)

 石巻市では、津波で大川小学校の児童七十四人が死亡・行方不明になり、大きく報じられた。一方、吉浜小の児童を巻き込んだ悲惨な被害状況については、あまり知られておらず、現場の北上総合支所へ向かった。
 支所は北上川河口のほとりにあり、吉浜小は道を挟んですぐ北側に位置する。目の前には太平洋が青く広がり、上流の対岸には大川小が見える。支所は、木造と鉄骨造を組み合わせた二階建て。太いコンクリート柱が扇子を開いたようになだれ落ちている。建物にまつわりつく銀のリボンに見えたのは、曲がった鉄筋だった。

 河口から真っ黒な壁となって押し寄せた津波は、住民らが避難していた支所二階海側の部屋めがけてぶつかってきたという。吉浜小学校は高さ約十メートルの校舎三階の天井まで浸水した。放課後で、児童四十九人のうち卒業式の準備で残っていた児童六人と教職員は校舎屋上に逃げて助かったが、支所にいたと思われる児童七人だけが死亡・行方不明となった。
 当時、吉浜小六年だった長女美里さん(12)がいまだに行方不明の会社員、千葉守さん(45)は「学校はなぜ、裏山に子どもたちを誘導しなかったのか。そこさ行ってれば全員助かったはずだ」と思い続けている。
 実は、津波発生時の吉浜小学校の避難先は、支所ではなく、学校の裏山「大盤平」と決まっていた。学校では毎年、そこで避難訓練をしていた。学校から頂上へ続く舗装道路まで、子どもの足でも五分。遠足の行き先でもあり、なじみの場所だった。
 支所の図書室にいた美里さんを、吉浜小の教員が地震後に確認していた。「なぜそのとき『逃げろ』と言ってくれなかったのか」。千葉さんの疑念はつきない。
 千葉さんは当時、仙台市に単身赴任中。その週末に帰宅し、美里さんに中学校の新しい制服とかばんを持たせて、記念撮影しようと計画していた。「優しい子だった」。一カ月休職して、毎日手でがれきをかき分け、捜索を続けた。「本当はいけないんだけど、倒壊した家屋の中に入ってちゃぶ台をひっくり返すこともした」

 吉浜小の教職員が美里さんの捜索を手伝うことはなかった。毎日、避難先の体育館から捜索に出かける千葉さんを学校関係者は見ていたはずだが、「彼らから声をかけられたことはなかった」という。
 建設会社従業員の岡一也さん(33)は、津波が来る直前、妻の裕美さん=当時(32)=から「支所に避難したから大丈夫」との電話を受けていた。
 一緒にいた吉浜小一年の長女優心(こころ)ちゃん=当時(7つ)、次女彩巴(いろは)ちゃん=当時(1つ)=も、妻と一緒に流された。「優心は竹やぶにひっかかっていて、寝てるような顔だった。彩巴はまだしゃべれなかったから、言葉を聞きたかった…」
 優心ちゃんは、支所の図書室で、幼なじみの同小三年奥田梨吏佳(りりか)ちゃん=当時(9つ)=と宿題をしてから帰宅するのが習慣だった。地震の後、吉浜小の教員が支所に様子を見に来て、二人に声をかけていたことが分かった。
 岡さんも「支所が指定避難所になってなければ、うちの子どもたちも妻も助かったかもしれない」と思う一人だ。妻の友人は、支所が指定避難所とは知らず、高台に逃げて助かったと聞いたからだ。
 遺体が支所の近くで見つかった梨吏佳ちゃんの母親、奥田江利子さん(46)は「支所は川のすぐそばの低い土地にある。なぜ先生は、大津波警報の後、臨機応変に裏山へ連れ出してくれなかったのか。避難のさせ方に『どうして?』っていう部分がいっぱいある」と話す。

 奥田さんは、両親と長男智史さん(23)も失った。智史さんは新婚で、残された妻に最近赤ちゃんが生まれた。「孫を育てることで息子には供養をしてあげられる。でも幼かった娘には何もしてあげられない」
 「最後に何があったのか知りたい」という保護者の強い願いで、震災から約二カ月たった五月三日、吉浜小と支所の合同説明会が開かれた。参加者は十数人。奥田さんは「納得のいく説明はなかった。しかも小学生の保護者だけが対象で、説明会を知らなかった遺族も多かった」という。
 吉浜小の門岡憲彦教頭は「授業中に津波が来ていれば、いつもの裏山に避難していたはずだ。でも放課後だった…。校舎に残った子どもたちについては、逃げる途中で津波に遭ってはいけないと屋上に避難させた」と説明する。

 北上総合支所は五年前、旧庁舎から約三百メートル下流に新設された。川沿いに支所を移す計画が浮上した際、市議や職員らの間には津波の危険性から反対の声もあったという。
 石巻市の担当者は「県の防災計画では、宮城県沖地震で想定される津波の高さは五・五メートルだったので、支所の新庁舎は海抜六メートルに建設した」と話す。支所で生き残った三人のうちの一人、市職員の今野照夫さん(50)は「結果的には避難場所として適当ではなかった。基準は満たしていたが、それで良かったのか問い続けなければならない」と苦悩する。

 前出の千葉さんは、捜索活動のあり方にも疑問を投げかける。
 「警察や自衛隊の捜索活動に住民を付き添わせてほしいと要望したが、五月の連休まで実現しなかった。地形や人間関係を知り尽くした住民が一番役立つのに」。被災当時、どこにいて、どう流されたか。推測しながら捜索すべきだと考える。遺体発見時も、住民が特徴を見分けて連絡を取り合えば、身元不明者として遺体安置所に置き去りにされる率も減らせる。

 いまも行方不明者の家族は捜索を続けている。支所に避難していた妻(29)と長女(1つ)が見つからない男性(30)は、この五カ月、仕事以外の時間を捜索に費やしてきた。最近は支所付近ではなく、海沿いを歩き回る。
 男性は、涙をこらえながらつぶやいた。「『安全だから逃げて来い』と言われて行った指定避難所でこんなことに…。そのことで行政を責める気はない。ただ、何でも想定外で片付けられては、やってられねえ」

<デスクメモ> 亡くなった子どもたちのあどけない表情が胸に迫る。成長する子どもの姿を、家族はどんなに楽しみにしていたことか。悲しみや怒りをどこにぶつければいいのだろう。自然の猛威になすすべがなかったとしても、この悲劇を繰り返さないために、できることをするしかない。残された私たちの使命だ。 (立)





参考になったという方はクリっとお願いします
人気ブログランキングへ

共感したという方は、再度クリッとお願いします
にほんブログ村 政治ブログへ

全くその通りと思えた方は拍手をお願いします



「広告」



Comments

やっぱり人工地震なのでは?
体裁のいい姥捨て山じゃないですか!(怒

Leave a Comment

ama
琉球独立は可能か
琉球独立は可能か
新聞社崩壊
新聞社崩壊 (新潮新書)
団塊絶壁
団塊絶壁 (新潮新書)
不当要求・クレーマー撃退のポイント50
不当要求・クレーマー撃退のポイント50
Page Selector
ブログ内検索
<< 全タイトルを表示 >>
フォントサイズ変更
文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする
子どもの人権をまもるために (犀の教室)
子どもの人権をまもるために (犀の教室)
知らないではすまされない自衛隊の本当の実力
知らないではすまされない自衛隊の本当の実力 (SB新書)
ファシズムの正体
ファシズムの正体 (インターナショナル新書)
カストロとゲバラ
カストロとゲバラ (インターナショナル新書)
保守と立憲 世界によって私が変えられないために
保守と立憲 世界によって私が変えられないために
ヘイト・クライムと植民地主義 (反差別と自己決定権のために)
ヘイト・クライムと植民地主義 (反差別と自己決定権のために)
rakuad2
「賢い愚か者」の未来:政治、経済、歴史、科学、そして人間――「深層」へのアプロー
「賢い愚か者」の未来:政治、経済、歴史、科学、そして人間――「深層」へのアプローチ
金子勝先生のやさしい憲法教室 ──自民党「日本国憲法改正草案」をきる 〈第一巻〉
金子勝先生のやさしい憲法教室 ──自民党「日本国憲法改正草案」をきる 〈第一巻〉
金融排除 地銀・信金信組が口を閉ざす不都合な真実
金融排除 地銀・信金信組が口を閉ざす不都合な真実 (幻冬舎新書)
誰も書かなかった昭和史の謎
誰も書かなかった昭和史の謎 (宝島SUGOI文庫)
船瀬俊介の「書かずに死ねるか! 」新聞・テレビが絶対に報じない《日本の真相! 》
船瀬俊介の「書かずに死ねるか! 」新聞・テレビが絶対に報じない《日本の真相! 》
米中海戦はもう始まっている 21世紀の太平洋戦争
米中海戦はもう始まっている 21世紀の太平洋戦争
徹底討論 どうする!? どうなる!?「北朝鮮」問題
徹底討論 どうする!? どうなる!?「北朝鮮」問題
ゴーマニズム宣言SPECIAL 新・堕落論
1%寡頭権力支配を撃ち砕くビットコインのすべて
ゴーマニズム宣言SPECIAL 新・堕落論
なぜ「やらせメール」に手を染めたか 原発世論操作のカラクリ
なぜ「やらせメール」に手を染めたか 原発世論操作のカラクリ (朝日新聞デジタルSELECT)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1)
「安全神話」PRに加担した 原発とメディア マネー(1) (朝日新聞デジタルSELECT)
日米地位協定
日米地位協定
Black Box
Black Box
rakuad03
スノーデン 日本への警告
スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る
「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る (「戦後再発見」双書5)
紙の爆弾 2017年 2月号
Kindle版
紙の爆弾 2017年 2月号 [雑誌]
実名告発 創価学会
「平和」を掲げてきた創価学会はなぜ変質したのか――。
実名告発 創価学会
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
『田中龍作ジャーナル』支援
tanaka.jpg
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した
ひどい捜査 検察が会社を踏み潰した (講談社+α文庫)
Search
はじめて読む日米安保条約
はじめて読む日米安保条約
機密解禁文書にみる日米同盟
衝撃の未来 世界の政治・経済はこれからこう動く
機密解禁文書にみる日米同盟
CD『大人は手遅れかも知れないが子供たちに伝えなければならないことがある』
yamazaki.jpg
注目サイト
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ
日本洗脳計画 戦後70年開封GHQ (DIA Collection)
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
ひと目でわかる「GHQの日本人洗脳計画」の真実
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
GHQの日本洗脳 70年続いた「支配システム」の呪縛から日本を解放せよ!
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
検証・法治国家崩壊 (「戦後再発見」双書3)
誰も語らなかった“日米核密約"の正体 安倍晋三・岸信介をつなぐ日本外交の底流
誰も語らなかった“日米核密約
全記事表示リンク
QRコード
QR
 
[スポンサードリンク]
 
 
注目ブログ
 
 
スポンサードリンク3
 
 
これから出る注目本
(予約可)
決断のとき――トモダチ作戦と涙の基金 (集英社新書)・・・ 小泉 純一郎 (著),‎ 常井 健一 (その他) 集英社 (2018/2/16発売予定)
決断のとき――トモダチ作戦と涙の基金 (集英社新書)
炎と怒り――トランプ政権の内幕・・・ 小泉 純一郎 (著),‎ 常井 健一 (その他) 集英社 (2018/2/16発売予定)
炎と怒り――トランプ政権の内幕
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)・・・ 瀬畑 源 (著) 集英社 (2018/2/16発売予定)
公文書問題 日本の「闇」の核心 (集英社新書)
さまよう民主主義 アウトサイダーの台頭は政党政治の終焉なのか (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)・・・ スティーヴ リチャーズ (著),‎ 高崎 拓哉 (翻訳) ハーパーコリンズ・ ジャパン (2018/2/17発売予定)
さまよう民主主義 アウトサイダーの台頭は政党政治の終焉なのか (ハーパーコリンズ・ノンフィクション)
ジハード大陸:「テロ最前線」のアフリカを行く・・・ 服部 正法 (著) 白水社 (2018/2/20発売予定)
ジハード大陸:「テロ最前線」のアフリカを行く
実録・レイシストをしばき隊・・・ 野間 易通 (著) 河出書房新社 (2018/2/21発売予定)
実録・レイシストをしばき隊
ベルルスコーニの時代――崩れゆくイタリア政治 (岩波新書)・・・ 村上 信一郎 (著) 岩波書店 (2018/2/21発売予定)
誰が世界を支配しているのか?・・・ ノーム・チョムスキー (著),‎ 大地 舜 (著),‎ 榊原 美奈子 (著) 双葉社 (2018/2/21発売予定)
チェルノブイリという経験――フクシマに何を問うのか・・・ 尾松 亮 (著) 岩波書店 (2018/2/22発売予定)
貴の乱 日馬富士暴行事件の真相と日本相撲協会の「権力闘争」・・・ 鵜飼 克郎 (著),‎ 岡田 晃房 (著),‎ 別冊宝島特別取材班 (著) 宝島社 (2018/2/22発売予定)
貴の乱 日馬富士暴行事件の真相と日本相撲協会の「権力闘争」
記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実・・・ 樋田 毅 (著) 岩波書店 (2018/2/22発売予定)
記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実
日本の情報機関は世界から舐められている 自衛隊情報下士官が見たインテリジェンス最前線・・・ 宮田敦司 (著) 潮書房光人社 (2018/2/24発売予定)
日本の情報機関は世界から舐められている 自衛隊情報下士官が見たインテリジェンス最前線
問題は右でも左でもなく下である。・・・ 適菜 収 (著) ベストセラーズ (2018/2/24発売予定)
日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか・・・ 布施 祐仁 (著),‎ 三浦 英之 (著) 集英社 (2018/2/26発売予定)
日報隠蔽 南スーダンで自衛隊は何を見たのか
祇園秘話 日本一の花街と昭和の偉人たち (宝島SUGOI文庫)・・・ 岩崎 究香 (著) 宝島社 (2018/2/26発売予定)
成年後見制度の闇(仮)・・・ 長谷川学 (著),‎ 宮内康二 (著) 飛鳥新社 (2018/2/28発売予定)
シリアの秘密図書館 (瓦礫から取り出した本で図書館を作った人々)・・・ デルフィーヌ・ミヌーイ (著),‎ 藤田 真利子 (翻訳) 東京創元社 (2018/2/28発売予定)
全電源喪失の記憶: 証言・福島第1原発 日本の命運を賭けた5日間 (新潮文庫)・・・ 共同通信社原発事故取材班 (著),‎ 高橋 秀樹 (著) 新潮社 (2018/2/28発売予定)
保守の遺言:JAP.COM衰滅の状況 (平凡社新書)・・・ 西部 邁 (著) 平凡社 (2018/3/1発売予定)
保守の遺言:JAP.COM衰滅の状況 (平凡社新書)
米軍の北朝鮮爆撃は6月! 米、中が金正恩体制破壊を決行する日・・・ 副島隆彦 (著) 光文社 (2018/3/2発売予定)
米軍の北朝鮮爆撃は6月!  米、中が金正恩体制破壊を決行する日
「平和をつくる」を仕事にする (ちくまプリマー新書)・・・ 鬼丸 昌也 (著) 筑摩書房 (2018/3/5発売予定)
 
 
プロパガンダに対抗するために支援しよう!
sakurai_201602151133418d4.jpg
 
 
オンライン署名
 
 
IWJサポート
 
 
raku3-2
 
 
インターネット政党 「新党憲法9条」
Inter.jpg
 
 
raku3-2-03
 
 
巨大宗教と闘う髙倉良一教授を支援しよう!
sirobara03.jpg
 
 
azv3-2
 
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
Travel
 
 
DMM3-1
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト
 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...